ぴかぴか

わたしにできるなら、あなたにもできるよ

最近のこと/魔法をかけて、夏よ


 夏に、ちょっと、こればかりはもう異議がありまくるのだけれど、早く到着しすぎじゃあないですか。待ち合わせ日時まだ連絡していませんが、というかんじで、暑くて目が覚める朝でした。前の晩、明日は休みだから起き上がらず一日ふかふかとしてやろうと決めてねむったのにな。


 最近になって気づいたことがあって、なにやらわたし、身支度がめちゃくちゃ遅いのらしいな?ということです。仕事がおわると更衣室で着替えるのだけど、わたしのロッカーが奥まったところにあって死角である しかもなんといっても着替えるのも遅いもんだから、先に出てゆく人に、もうだれもいないよねパチリンと照明のスイッチを消されてしまうことがたまにあるのです。しかしこれがわたし、まったく困らないというか、あっとも思わなくて、だから今まで気にしたことがなかったわけで。で、この間もまた消されてしまったときに、それでもなにごともなく、さあて着替え終わったぞとかばんを持ったところで明かりがついて、ああだれかもまた帰るねお疲れさまだねとか思っていたら、こちらに歩いてきたのは後輩、目が合ったとたんに、そ、そんな 一日も終わるというのにまだそんな大きな声が出ますか、というくらいに叫んで、すこし後ろに飛んでいったものだから、なにをそんな!と思って聞いたら、だれもいないと思っていた暗闇に、30分ほど前に帰ったと思われた人のかたちをした何かが現れてびっくり!と、どうやらそういうことなのでした。ごめん ごめん わたしもできるなら人じゃなくて小型犬のかたちとかになりたいのですけれど、ってなことを話している間に後輩はもう着替え終えていて、わたしはそのことに目を疑いましたよ。人、みんな、着替えるの、はやくない?


 いったいなんの話を、、というかんじなのだけれど、これはそう、つまりだからめちゃくちゃに、テレガイの話をしています。目黒くん、帰り支度遅いの、ああおなじような気持ちでわたしたち、生きているね、と思いました。目黒くんの、こういう生活の加減、まぁじでかわいい。

 写真もかっこいいしかわいいよ〜 かわいい顔ランチェキがあったら際限なく引いてしまう自信ある。しょぴさんなんて、もう、しっとりとため息が出てしまうほどのかわいさ。

 テキストは、たぶん目黒くんの意図とちがう読み方をしているなぁと思いながら、でも、だからこそ、何度も読みました。目黒くんがからだを鍛える理由のことね。もしもそんなことがあるとして、ないけど、ないよ、それでもやっぱり、目黒くんにだって、助けられる 守られる側であってほしいよと、とてもとても、そう願ってしまうのです。もちろん自分のことも自分で守ってしまおうとするのだろうけれど、仮に自分が犠牲になったときでも、だれかを助けられたのなら、それは獲得だよと、そう言えてしまうところを強さだと呼ぶことが、こわいなと思う、わたしは。そんなおおげさな話じゃなかろうよというかんじかもしれないけれど、ひとりの実感としてね。おなじように、「現場にはどうやって結果を残そうかだけ考えて行っているから、だれかと仲良くなろうとか思わない」とか、良いこともそうじゃないこともいろんな意見に気づきすぎているところとか、どうしてもそれを強さだと呼んでしまえなくて。とっぴょうしもなく出会った人との関係がとても心地よくて力になることあるよなぁとか、そんなにたくさん知らなくてもいいんじゃないかなぁとか。目黒くんが笑っている時間をたくさん見ていくことよりも、そういうところから見つけなくちゃいけない安心ってなんなんだろうなって、思ってしまうのだよね。でもそれと同時に、だれかのために一直線に汗をかけるところもまじめに仕事に向き合っているところもかっこいいなって、意見を知っていることを目黒調べって名付けているところはかわいいなって、そういうふうに思ってもいて。人はひとつの感情だけを持って生きているわけでは、とてもとても、ないですね。たぶんわたしは、目黒くんのことがぜんぜんわからなくて、それでもそのままの目黒くんのことがすきなのだということは、わかりすぎるほどに、わかるのでした。自分のなにかを大きく変えてしまうような雑誌に出会えるって、すごいよね。


 疑問も感謝もやる気も喜びも、どんなちいさな感情の動きも放っておけない、そんな目黒くんの言葉を読むときはいつも、たくさんの時間をかけるよ。


 めめ日も読みました。呼び方を変えるっていう時の進め方も、もどかしくてでも楽しみな時間を共有しているよって教えてくれるのも、やさしくてすき、だいすきです。

 目黒くんが書くエピソードはどれも愛情に支えられていて楽しいなぁ。旦那さんが海外へ単身赴任している方の生活のことを想って涙したり、道で出会った高校生がやさしかったよ!って何度も伝えたりするのもそうだけれど、たまたま出会った人の、その瞬間だけじゃなくて前後にある人生を想像できるところがとてもすきで。それはきっと、自分の思い出を質高く心に残しているからなのだろうなと。どんな人にもひとしく、たいせつな思い出も未来も、あるねっていうこと、目黒くんみたいに忘れないでいたいな。

 「俺のファンっていいね」よけいなことをたくさん考えてしまうわたしはこの言葉からはみ出してしまうこともあるけれど、やっぱりうれしく光って見えました。目黒くんの心にあるまぶしさをめざすよ。


 ハッピーライブ楽しかったよ〜〜もう〜〜ずっとずっと胸押さえながら見てた。Cry outのフロア照らしたMoonlightですよ、のどをすこしだけ光らせながら歌って、最後に顔を見せる、そのやわらかな視線の誘い出し方とパートの完成のさせ方がすき。あと、きっしんの No need to look backでの、腰が 腰がすきすぎて、一秒足らずの動きをこんなにすきになれることあるか?という具合。すき以上のかたちで伝えたくて何度も見たのだけれど、見た数だけすきが生まれて困ったよ。目黒くんのパフォーマンスをすきなたびに、今ある夢を叶えきる時間はもちろん、あたらしい夢を見る時間もたくさんあってほしいよと思うのでした。Snow World最初!あべくんがきゃぴるんってジャンプで横切っていくのもめっちゃすきです。

 めめこじパートのめめちゃん!!(って呼びたくなるかわいさ)康二くんが生み出すめめちゃんの表情すべて愛す。「めめはこういう人!」ってたくさん話してくれたり写真撮ってくれたり、「めめは心配せずのびのびやって」もそうだし、まなざしを差し出しつづけてくれた康二くんは、目黒くんにとって、存在の理由を増やしてくれたひとだと思っていて。康二くんの隣で、自分のかわいさに気づけているとしたら最高だな〜と思っちゃうよ。かけがえなく時間を共有してきたことによる二人の関係への混ざれなさがすきです。めめとこーじの間に流れる時間がすきです。はあ、わたしたぶんこのシーンのこと、ずっとまぶたのうちがわに置いておくのだろうな。

 あと康二くんのお誕生日の話で、「ファイヤーちょうだい、おれ、ふぅ〜って消すから」がおもしろすぎておなかちぎれるくらい笑いました。このあと2時間くらいずっと笑いが止まらなかった。康二くん天才。


 最近のことと言えば、すこし前に誕生日を迎えたのだけれど、言葉を寄せたことがある方からメッセージをいただけてね。「やさしい言葉が、なんて言ったらいいかはわからないけど、でも不思議とうれしかった」と言ってもらえて、うれしかったです。どうしたってわたしの気持ちはわたしのもので、すべてをわかってほしいなんてとうてい思えないけれど、でも、わからないけどうれしいなって、そんなことが起こるのなら、やっぱり好きな気持ちは伝えつづけていきたいなと改めて思いました。ありがとう。めちゃくちゃ考えて返信をしたけどそれ以上はなくて、3日後くらいにぽいっとスタンプだけ返してくれるような、そういう心地の良さがとてもすきです(笑)

 誕生日とは関係なく、「想い方がお手本」だと言ってもらえたりもして(うまく言葉が出てこないときに思い出して、そうだわたしが書きたいのは言葉を迎えるための想いの方なのでしたと、出口に光が見えるような気持ちになれます ずっと忘れないと思う)うれしい言葉をもらうことが多い最近でした。


 7月になったらやっと、目黒くんをすきになった自分ですべての季節を過ごせたねということになるのだけれど。すのちゅーぶで目黒くんが仮面舞踏会の振りを踊ったものだから、息をわすれて見てしまいました。すきになったきっかけです。ああ、あの日の目黒くんは、どこまでも、わたしの未来にも、いるのですね。目黒くんはときどき魔法が使えるみたいに思える。夏を握りしめたあなたがすきです。この一年のあれこれはまたとくべつに書きたいな〜


 この三か月くらいずっと忙しくて、心の破片がとびちってゆくのが見えますわみたいな日もすくなくなかったけれど、今日だって目黒くんがあんなにもあたたかな月に寄り添われてねむるのだなって、それがあるだけで大丈夫な気がするよ〜(サタジャニの写真の話だね)最近のことでした!また!