ぴかぴか

Always believe in yourself.

フィロソフィーのダンス「Girls Are Back In Town VOL,1」

 6月16日。土よう日。恵比寿。

 フィロソフィーのダンス 東名阪ツアー「Girls Are Back In Town VOL,1」初日の東京公演。リキッドルームへ行ってきました。


 始まる前から会場の雰囲気があつっあつ!のふわっふわ!のにこっにこ!でね、だって、手拍子の音、めちゃくちゃ弾んでいたじゃないですか。わー!来るか!ちがった!(笑)今か!来る!来たーー!!!って。あの空気、ちょっともう忘れられないです。目に見えなかったところまで大事に取っておきたくなったのは初めてだなぁ〜〜〜〜楽しかった〜〜〜〜


 幕が開くとき、マリリちゃんがワンマンへの意気込みとしてブログに書いていた「心をパカーンと開いてライブがしたい」っていう言葉を思い出してね。すごくゆっくりゆっくり時間をかけて開いていくように見えて。本当はたぶんわりとサッと開いたのかな(笑)時間あやつれるのずるい好き。心ってこういうふうに開くんだ〜っていうか、みんなの心の中をのぞける感じがしてわくわくしたし、これまでフィロのスのみんなが自分のなかで束ねてきたたくさんの気持ちが、解き放たれて広がってゆくその先に、わたしねぇ、いるんだな〜って、そう思ったらうれしいどころの騒ぎじゃなかったです。今まで重ねてきたうれしかったことが一気にやってきても敵わないくらい、うれしかった。

 で、デイビッドさんが目にダイブしてきたの。最高すぎた。本物だーー!!!って思ったよ、偽物とかないし自分でも意味がよくわからないけど(笑)本物のかっこよさだった。バンドもめっっっちゃくちゃかっこよかった!!!です!!!ひとつひとつの楽器から出る音があしもとから全身へ伝わって、ぜんぶ合わせて自分の心臓の音になったの、やばくない?そうしたらほんとうに自然に涙がでてきた、早い(笑)感動ってああいうことなんだな。心がどくどくふるえてきたと思ったら、こらえるとかそんな隙もなく、ぼろっぼろに泣いていました。あんなことってあるんだね。


 一曲目は新曲でした。みんな新衣装のキラキラを振りまきながら出てきてくれて、大きめに取り入れられたポップな色合いのメンバーカラー、超かわいかったです。曲もキュートで、でも最後らへんの怒涛のドラムのかんじとかめっちゃかっこよくて。初めて聴くその曲やその瞬間だからこそ感じ得る、ぴかぴかな新品の好きを、あんなに最高の場所でもらえるなんて、なんてなんてぜいたくだったんだろう、と思っています。バンッと終わって、からの!アイドル・フィロソフィーへ繋がったのももう天才としか、、横一列にならんだ後ろ姿がかっこよすぎて、し、信頼〜〜〜〜となりました。みんな真ん中に立って歌うの似合いすぎたし、もうね、良い顔で歌うんだよ〜〜どうしたって注目せずにはいられない、視線たぐりよせる力強さ。あなたたちが、愛を集める中心だったんだよ。

 いつだって恋を!いつだって恋を!恋のことを叫びつづけることってそうそうめったにないよね。楽しかった。好きだなって思った瞬間のことを恋だって決めてしまえることが、あの日ライブを見た意味なのかもしれないなぁと思っていて、その象徴というか、とくに印象に残ったのが夏のクオリアでのおとはすちゃんでした。両肩きゅっと寄せて、手をあてた胸の動かし方、ワンフレーズ歌うごとにウェーブを付けているかんじでね。つやつやの好きっていう気持ちに動きがつくとしたらこんなかんじなんだろうなって。見える動きと見えない気持ちの幅をぐっと近づけてくれました。こころがぐんぐん揺れ動く、これが恋なんだよな〜〜好き。

 めっちゃ腰!!!ってなったあの曲がバイタル・テンプテーションであっていますか?(初見でした)最後らへんマリリちゃんが目の前にいたと思うんだけど、えっち〜見れない〜でも見たい〜って、きゃあきゃあしてしまいました(笑)と思っていたら、エポケー・チャンスの「わたし走りたい」でちゃかちゃか手振って走る動きにこにこの笑顔でするし、やっぱり存在のバリエーション増やしてきたの!!強すぎる!!好きすぎる!!

 アルゴリズムの海だいすきだから聴けてうれしかったなぁ。パーカッションの音がね、染み込んでゆくかんじっていうのかな〜すっごくきれいで。あと、サビに入るところのマリリちゃんの声がかっこよすぎてハッとしちゃった。歌声とバンドの音の幸せすぎる関係性。情感のこめ方がとびきりにマリリちゃん然としていて、くらくらしたんだよ〜〜ね、だいすき。

 もうひとつの新曲ライブ・ライフすごい楽しかった〜〜らいっらいっ!ライブ終わったあと思い出し書きしていたメモ帳に「おしり!!!!!!」とだけ走り書きしてありました(笑)でんぱ組.incの振り付けの方につけてもらった振りらしく、ほんとにいつもとちがう感じ!4人が複雑に絡むようなところがあったと思うんだけど、イリュージョンみたいでおお〜ってなったし、おしりがほんとにおしりなの!!!(語彙)目がふくふくになってしまいました。はやくもう一回見たい聴きたいな〜〜〜〜!!

 ラストスパートほんっっとうに楽しかった。ドグマティック・ドラマティックのあんぬちゃんパートだいすきすぎた〜〜!!超つよい!!ためて歌っているかんじ?というか、すべての瞬間のことをだいじにしているみたいでかっこよかったです。終わってほしくないけど進んでほしくてわたしもそういうふうに見てたから、あんぬちゃんもみんなも、おそろいの気持ちなんだなって。

 ベスト・フォーを聴きながらね、思い出していました、ほんとにほんとにたくさんのことを。ハルちゃんが「君の好きなものに、君の前でなるよ」って歌うのを初めて聴いたときの、あの言葉にならない気持ちとか(この気持ちはたぶん一生かけて守っていくし忘れろって言われてもぜったいに忘れない)、初めてライブを見た大阪のあのステージで、ベスト・フォーが一曲目だったこと。そのあともずっと、何度も聴いては手を引いてもらってきたこと。それぜんぶ、今日この時間を共有するためにあったんだな〜〜と思ったら、うれしすぎてびいびい泣いてしまいました。かっこよかったな。わたしにとって、ハルちゃんの歌が伝えてくれる言葉は特別だよ。同じように、この日のベスト・フォーをいつかの未来で振り返ることがあるんだろうな〜〜


 どのタイミングのMCだったか忘れちゃったんだけど、衣装が変わりましたー!っていう話。
 マリリちゃんは帽子デビュー!おっきなベレー帽と厚底の靴がどう考えても矢沢あい作画のそれすぎた。水色のギンガムチェックのセットアップもかわいいし、踊るたびにクリアなベルトがチラッ(いっしょにおなかもちょこっ)と見えて、好きになってしまいました(うん百回目)下に着ている白いシャツの袖と首の回りがカラフルに縁どられていたの、マリリちゃんのために生まれてきた服だなって思ったョ。おおげさ?(笑)
 ハルちゃんは奇跡の短足デニム(笑)丈を直していないことをめっちゃきらんきらんに自慢していてかわいかった。レインボーのベルトと赤のトップス(腕のところとおなかのところ透けてる!!!)もすべてがハルちゃんたらしめる一因になっていて似合いすぎでした。あと前髪ガッと上げたハーフアップ?だったから表情がよく見えて〜〜天才!と思っていました。
 あんぬちゃんは肉体美を堪能できるキャミソール!からだのラインがほんとにきれいにスッと伸びて出るからダンスがめちゃくちゃ映える。あんぬちゃん映え。腹筋ちらっとしてくれたんだけど、かっこよすぎて、ひい!って声が出た(笑)ピンクのパンツにごつめのチェーンのネックレス、反するみたいに、ふわふわのツインテールはかわいくてかわいくて。スーパーミラクルアイドルの威力はすごいぞ。
 おとはすちゃんの衣装の第一印象、カーレーサーみたい!って思ったんだけど、襟のとこだけ見てたでしょうっていう(笑)世界一いやらしくないスポーツブラらしいです。でも、ライブ中何度か左肩がはだけて見えていたの、つやつやでとてもえっちでした。好き。ほんとうはベレー帽をかぶっていたんだけど、頭を振り乱したい!ってなってとっちゃった。やっぱりおとはすちゃんベレー帽似合っていたし憧れてしまった〜〜。新衣装みんな最高!


 さいごに、すききらいアンチノミー。みんなの楽しそうな愛おしそうな表情がすべてでした。そこにいた全員が笑顔のまま、幕が閉じていきました。見届けました。ほんとうに最高に最強に、楽しいライブでした。


 アンコール。4つ並んだスタンドマイク。ジャスト・メモリーズ。あんぬちゃんの立ち位置が目の前だったから表情までよく見えたんだけど、景色を噛みしめるみたいにぎゅうっと目を閉じていたのが印象的でした。照明が反射して、まぶたがきらっきらに光るの。あんぬちゃんのまぶたの裏でこれからも生きてゆきたいなぁ、この日のこと、ずっとずっと忘れないでいてほしいなぁ、と思いました。ファンの有志の方が用意してくれたサイリウムもすごくきれいでした。みんなを照らすたくさんの光のひとつとしてそこにいられてよかったです。

 さいごにみんなのそれぞれの気持ちを聞けてうれしかったです。マリリちゃんが声変わりしていたのほんとに人生だった、深みを感じたし、あんぬちゃんが大船に乗ったつもりで信じてついてきてって言ってくれてそんな幸せなことってほかにないよって思ったし、宮野さんをステージに立たせてあげられてよかったっていうハルちゃんはたくさんの感謝の色をとりまいていたし、円形脱毛症になるほどプレッシャーを感じていた(笑っていいところだし、泣くところです)おとはすちゃんが「彼女ができないとか仕事ができないとか、いろいろあるけど、わたしを見て元気になってください!!!」って言ってくれて、またお守りにしたい言葉が増えたんだよ。この日を選んだこと、たくさんの愛で肯定しつづけてくれてありがとう。ほんと、なんてまっとうな未来を語る人たちなんだろう〜〜って思ってね。叶えていく姿を見ていける自信があるから、これからもずっとみんなのことを選ばせてほしいです。

 ほんとにさいごのさいご。ダンス・ファウンダー!サビで手おっきく振りながら、こんなにもハッピーだよって届け!届け!って思っていたら、ステージからも同じだけの熱量が返ってきたんだよ。ハッピーがあちこちに渦巻いていたの、壮観でした。すごすぎる。どっちかだけじゃなくて、全員の気持ちが込もった曲。全員で踊るためのダンス。楽しかったです。


 これまで、わたしのだいじな星たちが幾度となく沈んでいった海のこと、暗くて深そうで、どうしようもなく怖く思ったこともあったけれど、なんていうか、そうではなかったのかもしれないなぁ、と、この日のライブを見て思いました。最高の景色がやっぱりここにはあるし、わたしの見たい瞬間もここにある。ずっとここ、アイドルの海。広くてキラキラしていて、とびきりに楽しいんだよ。フィロソフィーのダンスという大きな船に乗って、次はどんな場所にたどり着けるのか、ほんとうにわくわくしています。単純だから海といえば沖縄だと思っているので、またワンマンツアーでつれていってください!よろしくお願いします!(笑)遠い未来じゃなさそうだね。その日までもその日からも、ずっとだいすきなベストフォーです。すてきなライブをありがとう。また。