ぴかぴか

Always believe in yourself.

フィロのス × callme 東名阪ツアー「レッツ・スティック・トゥギャザー」大阪公演の話

 2月4日。日よう日。大阪。晴れ。

 フィロソフィーのダンス × callme 東名阪ツアー「レッツ・スティック・トゥギャザー」初日の大阪公演へ行ってきたよ。

 初めての梅田シャングリラ。格好の良い会場だったなぁ。天井のシャンデリアへ、うっかり手が伸びる。届かないけれど。どうしようもなく、きらきらしたものに惹かれてしまうこと。だから、ステージに立つみんなにも出会えたこと。ライブを見るたびに幸せに触れること。すごいでしょう〜〜良いでしょう〜〜って、自慢させてくれ〜〜という話をします。

 

 満員のフロアに、どっどっどっていう振動。フィロのスのライブがスタートする合図でした。ライク・ア・ゾンビ。始めのポーズからすでに、ぱきっとした気合いをめちゃくちゃ感じてしまって、あつあつの気持ちでもってステージを飾っていく、この4人にしか出せない色があることを知りました。おしゃれだったなぁ。

 コモンセンス・バスターズはやっぱり楽しい〜!この曲のあんぬちゃんのダンスがすごく好きだったなぁ。あとロジック・ジャンプも!止めながら跳ねる動きがめちゃくちゃかわいい。腕や脚のあつかい方が特別で、圧倒的に自分のものにしていて。ひとつひとつの所作を見届けると、その跡がきらきらに光るのでした。わくわくして、ずっと見ていられた。好き。

 ソバージュ・イマージュとドグマティック・ドラマティックを初めて見れました。思っていた倍の倍くらい、ちゃんとおそばを食べていてクスッとしてしまった。

 シャル・ウィ・スタート。きれいな曲だったなぁ、見た感じも聴き心地も。やわらかく光を浴びる指先、相手を迎え入れる仕草、女性らしい縦のダンス、ぜんぶだいすきです。マリリちゃんが歌った「ぜんぶが完璧にならなくたっていいんだよ」っていうパート。やさしくってあったかくって、思わず泣きそうになったんだよ。許しのひとでした。もうね、すぐ歌詞の行間へ自分のことを置いちゃうから、勝手に(笑)でも、それも許してくれるから、マリリちゃん。その愛でどれだけのものを包み込んできたんだろう。ふうわりほころびる表情と声。この言葉が、きっとこれからのわたしの生活のなかでも、おまじないみたいになっていくんだろうな〜と思いました。神さまがくれた言葉みたいだね。

 ダンス・ファウンダーからアイドル・フィロソフィーへ繋がったのかっこよかった〜!おとはすちゃんの歌がね、ほんっとうにかっこいいの。強度増しっ増し。世界を揺らしまくっていた。ぎゅうっと閉じた目。つよいのに、せつなくて、笑顔だけじゃない表情をつける瞬間があって。強度の理由はたぶんそれかなぁ。それが歌を立体的にしていて、今ここで、目の前にいるおとはすちゃん、が、歌っていてくれるんだなぁっていう喜びをもらえました。

 ハルちゃんの「慣れないし ならないから ずっと見ててね」が、だいっすき。ハルちゃんが歌うとき、期待のまなざしみたいなのは取っ払えないじゃあないですか、やっぱり。どうやって聴かせてくれるんだろうって、楽しみで楽しみで仕方なくて、勝手に期待値を上げちゃう。それでも、ハルちゃんは、そういう空気もぜんぶ、自分を輝かせるための力に還元しているんだなぁって。そういう気迫をまとっていました。かっっこよすぎる。期待をこえてくれるし、もっと、思いも寄らなかったところまで連れて行ってくれるひと。ハルちゃんが行くなら間違いないって、今度もまた信じさせてもらえました。

 

 次にcallme。動画とかは見ていたんだけれど、ライブを見るのは初めてでした。めっっちゃくちゃかっこよかった。照明でほんのり色付いた白い衣装。凛とした立ち姿。おおらかに動く可憐な手足。光を帯びる姿を目で追っていくだけでも楽しすぎました。

 曲も明るくて晴れ晴れとしていて幸福なものばっかりだったなぁ。One timeが好き。どんどん開けていくかんじが心地よくて、その音の波に身をまかせて聴いていました。

 

 コラボステージもたくさんやってくれました。ツーマンライブならでは!メンバー入れ替えてお互いの曲と全員で一曲!(マリリちゃん「高低差が、、きれいなお姉さんと、ちっちゃい子、、」笑)どれも息がぴったりで、作りたい空間、楽しい・楽しむの風向きや深度を合わせてきたのだろうなぁと思いました。守るものを増やしてきたひとってほんとうにかっこいい。

 「おなじ速度で走り出そう 君とここからスタート」「常識だけじゃつまんない 破っちゃってよ」「踏み出して step by step」「新しいダンスを踊らせてあげる」「大切なもの見つけたら 時間に流されてた この身体を解く」

 まぶしくってまだ見えない場所へ、新しい一歩を踏み出す瞬間がやってくること、を歌にのせてくれるグループだなぁと思っていて、どちらも。なんていうか、後押しともちょっとちがって、でも確かに、その瞬間を生きようと思える。これまで、いろんな場面でいろんな選択をしてきたんだけれど、そのどれも否定できっこないじゃあないですか。だから、今ここで、ここまで来れたことへの祝福をあげる。そうして、新しく迎えた今があることをあたたかく肯定してくれる歌。それがあるだけで、生きていける。何にでもなれるし、どこへでも行ける気がしてくるね。

 

 ライブ後は特典会で両グループ合同の囲みチェキへ参加しました。囲みチェキ初めてなのに、ビール片手にへらへらしながら輪のなかへ入っていったの、よくよく考えたらめちゃくちゃダメなひとでしょうっていう(笑)でもみんな、かんぱーいってしてくれて、やさしかった。好きです。ああもう人生が最高になってしまったよ〜。しあわせでした。

 やわらかく伸びる手、光を浴びる指先、やさしくほころびる表情も、ぜんぶぜんぶ最高だったよ。伸ビール浴ビールほころビールってことです(笑)ご褒美みたいな瞬間の連続でした。楽しかったなぁ。楽しかったライブのあとのビールは格別だってマリリちゃんも言ってた♡次の名古屋にも、東京にも仙台にも、みんなのライブを待ちわびるひとたちがたくさんたくさんいること。すごいなぁ。この勢いで、最後まで格別の一歩を踏み出しつづけていってほしいです。さいこうのツアー初日をありがとう。