ぴかぴか

Always believe in yourself.

フィロソフィーのダンスとどこまでも行ける切符

 

  1月7日。日よう日。大阪。晴れ。

 エクストロメ『2018年新春大阪スペシャル!!!』を見に、梅田クラブクアトロへ行ってきたよ。ライブ一か月ぶりで、楽しみすぎたから、大阪へ行く前ずっとスキップで移動してました(笑)

 

 すききらいアンチノミーから始まってね、この曲のイントロすごく好きなんですよ。サビの振り付けも好き。いっしょに踊ったら楽しすぎて指先がぴかぴかに光ったりしました。最後、たったったったったらららん(あいまい笑)の合図で真ん中にぎゅっっとなって、ピースサインで終わるのもかわいい。最初っから最後まで、惜しみなく好きでいられる曲でした。

 マリリちゃんが「どっちがどっちなのっ!」って語尾を跳ねさせて歌っていたのも特別感がひたひたで、勝手にうれしくなってしまった。ほんっとうに、見ていてたのしいひとだなぁと思っていて、マリリちゃん。ほかの曲でもそうだったんですけど、笑うっていう表情ひとつ取ってみても、め〜っちゃたくさん種類があるんです。つぎの瞬間にはもう、知らない顔をしているなんて、わくわくしておもしろくってたまらなかったです。毎秒忘れたくないひと。たとえば同じステージの同じマリリちゃんを見ている人が何人いたとしても、それぞれにとって初めて触れる表情があるんじゃあないかなぁ、たぶん。注意深く生きていないと見逃してしまうような小さな喜びのかけらを、あまさず受け入れてきたのだろうな〜〜、だからあんなにもいろんな表情を知っているのだろうな〜〜と思いました。やっぱりすっごく好きだな〜〜。好きになれてうれしい。

 

 振り付けのことで言うと、アイドル・フィロソフィーの最初の手叩くところも好きだった!それぞれのページをめくっていくみたいに、こちらへ振り向くの、超かっこいい。おとはすちゃんとあんぬちゃんがそれぞれ上手側と下手側から真ん中に向かってくる、そのときの凛とした姿勢もきれいでかっこよくて、空気がそこで一気に開けるかんじがする。ワンフレーズごとに、自然と目で追ってしまう人を作っているのがすごいと思っていて、わたしが勝手にそう思いたいだけなのかもしれないんだけど(笑)視線をやわらかく誘い出してくれる立ち位置だったり移動だったりが多くてすごく好き。4人って、決して多くはないのに、なにそれ初めて知った!!そんなのできるんだ!!っていうフォーメーションがたくさんあって、いろんな曲を見ていくたびに感動する。

 「同じ服 同じ言葉 となりを見てチェック」「慣れないし ならないから ずっと見ててね」マリリちゃんとハルちゃんのこのパートも大好き。ハルちゃんみたいに、ゆるぎなく、ステージに身をまかせて歌うひと、初めて出会いました。すべての力を世界へ還元してゆく姿。いままで見てきたなかでいちばんかっこいいアイドルだし、ハルちゃんのおかげでアイドルのことをさらに好きになりました。

 

 ライク・ア・ゾンビを初めて見れたのもうれしかった。ゾンビダンス?も人生で初めてでした(笑)コモンセンスバスターズとかダンス・ファウンダーとかもそうだけれど、びっくりするような振り付けがたくさんある。ふつうに生きていたらそんなに脚ひらくことそうそうめったにないよねっていう(笑)大きな振りが多い印象だけど、すっごく見やすいのは、最高のところで待ち合わせようっていう4人の心意気があるからなんだよね。好き。これからも、明るくびっくりさせてくれるなら、フィロソフィーのダンスがいい。

 

 今回も、めっちゃくちゃたのしかった。楽しいなぁ、楽しい!、あの場所で絶え間なく感じ続けた楽しさを、ひとつずつつなぎ合わせて作ったリボンみたいなのを持っているんです。それをね、好きをつめこんだ箱にきゅっと結んでもらえたようなかんじ。伝わるかな(笑)こんな、プレゼントみたいな気持ちを、これからももらいつづけるんだろうと思えることも、もしかしたら、そんな気持ちがみんなのこころのなかにもあるのかもしれないなぁって思うことも、ほんとにほんとに幸せ。今回は2部だけ行ったから、見れた曲には限りがあるんだけれど、ここでは歌わなかったあの曲にだってきっと思いがあるんじゃない!?って思えてしまって。だから、またライブへ行くのが楽しみでしかたがないんだよ。つぎはどの曲を聴けるのかな〜〜。つぎのライブのチケットが、どこまでも好きなところへ行ける切符みたいだよ。スキップってことです(笑)

 自分の好きを、自分の好きなまんまで、書いて残しておけてよかった。あと!マリリちゃんが前に書いたブログのこと覚えていてくれてうれしかった。これからもずうっと書かせてもらえますように。また。