ぴかぴか

Always believe in yourself.

せかいはきみたちにやさしいよ

 3月12日。にちようび。晴れ。
 大阪の、たのしいたのしい場所でね、

 X.Oから。三人とも歌がすごすぎた。今さらでしょうってかんじかもしれないけれど、改めて。一年分のときめきをもらえたような、そんなそんな。もっとかもしれないし、なんでもいいんだけど、もうほんとにほんとにすごいんだ。三人は、ゆっくりゆっくり時間をかけてフロアを回ってくれて。これまで時間をかけてEspeciaを見てきたことや時間をかけて感じてきたこと、あんなにたくさんのひとたちの分、ひとつずつ三人の手にとってもらえてよかった。わたしも、わたしがせいいっぱい感じてきたときめきを、三人の手にゆだねたんだよ。


 ミアちゃんがね〜、ずっとずうっとかっこよかった。ポニーテールやっぱり似合ってる。
 Dangerで、ミアちゃんを軸に下手側にえりかちゃん上手側にはるかちゃんを置いて踏みだしてくるところがあって、たぶんほんのすこしの時間だったと思うんですけど。そこで、ようやくいちばんのミアちゃんを見つけられたような感じがした。今まで知っていたのと、ちがう。ミアちゃんから見える二人はきっと、めっちゃめっちゃまぶしかっただろうなって。だから、自分のことをどうやってそこに置いてあげたらいいのか、なやんでなやんでここまできたんじゃないのかなあ。「わたしのことを知らないままで終わられたらくやしい」って言ったこのまんまの意気で、炳としてまんなかにいてくれた。かっこよかったよミアちゃん。
 アネラもブギーアロマもリードばつぐんだった。行くよ!って、空気ぜんぶミアちゃんのものにしちゃうやつ、どこで手に入れたの。さいご笑ったのとか、もうほんとにかわいいし、ミアちゃんだから見上げていたかったんだな〜って思えました。


 えりかちゃんのDangerでのハイキック!福岡公演でやったことを聞いていて、でも今まで見たことなかったしそんなの知らなかったはずなのに、ああそうだずっと待ち焦がれていたの、これだったんだなって思ったよ。なんでだろうね。ひとめぼれ?かっこよかったよえりかちゃん。
 ファンキーロックもアビエーターも勢いでふっとんじゃいそうだった。そのままどこへでもいけるんだろうなって。ぐんぐんきもちを動かしてくれた。きもちに重さがなくてよかった。はかりで量れるようなものだったら、とっくに持てなくなっていたかもしれない。離したくないけど。


 全編とおして、はるかちゃんの思い入れがたくさんつまっていたよね。大阪に?もっともっとEspecia自体にかもしれないけど。どこを切りとってみても、はるかちゃんでいっぱいだった。かっこよかったよはるかちゃん。
 Rittenhouse Squareかっこよすぎた、圧倒的なドラムとぶっちぎりのはるかちゃん。どっちもうそみたいに本物だった。
 トワイライト・パームビーチがだいすきだから、たいせつな曲として歌ってくれてうれしかったなあ。泣いてたからよくわかんなかったんだけど、もしもまぼろしじゃあなかったんだとしたら、はるかちゃんってほんとうにほんとうにこの世界で唯一のはるかちゃんなんだね。あたりまえだけど、なにをどうしたって、はるかちゃん以外がはるかちゃんになれないこと、勝手にうれしいのって変かなあ。
 アンコールでベイブルースはじまった瞬間のこと、今思い出してもぞわっとする。ああもうすきだ。はるかちゃんの歌、「あなた」でいさせてくれるからすきだ。それだけじゃあないけど、それだけでもすごくあざやかで。あの場所で「あなた」でいられたわたし、超ラッキーガールだね!


 ヤメテ!三連続で三人がそれぞれリードとってやったのすごすぎてずっと目の前くらくらしてた。ながいながいめまいだった。
 ちかちゃんとちぃちゃんがステージに立ったんだよ。喉のもっと奥のほうがどっどって鳴って、涙がとまらなかった。うれしくもかなしくもないのに泣けて泣けてしょうがなくて、ただ、そんなことがあってもいいのか〜って。ぜんぜん形にならないきもち。でもあんなにみんなみんな笑ってて、いいんだよなあ。すごい。やめたひとが、胸をはって元メンバーですって言える、今のEspeciaってどれだけすごいグループなの。わたしねえ、きらきらのあの衣装を着て、自分の立ち位置で踊るちぃちゃんのことが、だいすきだったんだなあって気づいた。もうそうじゃないのに、あんなに楽しそうなの。そのとき、ちぃちゃん自身が、あのころのちぃちゃんをまた輝かせてくれたんだよ。楽しかったし、楽しいよって。すごいね。手をとってくれてぎゅうってしてくれて、わらって、明るいほうにすくいあげてくれて、たぶんそんなつもりもうとうないと思うんだけどね。うれしかったです。こんどこそもう一生会えないだろうけど、わたしには、ちぃちゃんから教わったやさしさがあるから、これからはちゃんと自分のことを自分で、すくいあげていけるだろうなって思いました。ずっとありがとう。



 ああほんとにほんとに楽しかった。

 こんなにたのしいたのしい場所へ、つれてきてくれてありがとう〜。こんなすてきな日まで、つれてきてくれてありがとう〜。わたしのなかへこんな感情を、つれてきてくれてありがとう〜。ありがとうございます。気がついたら3月も折り返しのところまできていて。ツアーもあとはんぶん。世界じゅうの時計とめてまわりたい、と思っていたはずなのに、楽しすぎてとめられっこなかった。どうしようもなく、つぎの瞬間を見ていきたかった。だいすきな女の子たちが、一秒先では、泣いているかもしれないし、笑っているかもしれないことが、うれしくてうれしくてしかたなかった。自分にはやっぱり、Especiaといっしょに進んでいくことのほうが向いていると思った。いつだってそうだったね。



 さいごにこれだけ、言わせてください。トワイライト・パームビーチの前、はるかちゃんに言われたことがもうずっとずっと頭から離れない、です。

 ひとはみんなうれしいこともかなしいことも日々忘れていくから/Especiaのこともいつか記憶からなくしてしまうでしょう/でもね、ヤシの木を見たら思い出してください

 ぜんぜん筋なんかとおってないし、そんなの。ふつうに生活してたらヤシの木なんてぜんぜん見かけないもんわたし(笑)じゃあもう忘れたまんまなの?忘れられる覚悟って、しなきゃだめだったの?忘れたり、するのかなあ。忘れたくないのに。すくなくとも今はそう。けど、でも、はるかちゃんがあんなに言うなら、泣くほどだいじに伝えてくれたことなら、もしかしたらそんなこともあるのかもしれないね。あれもこれも、いっこずつ、わすれてわすれて、忘れちゃったりして。そりゃあもう記憶喪失レベルに忘れちゃって。しばらくしたらEspeciaに関することいちからじゅうまでぜんぶ忘れちゃうんだよ。なんにもなかったことにして、生きていくの。そもそもわたし、記憶力がこれっぽっちもよくないし。
 それから、おそろしく途方もない時間がすぎたころ、じゃあラジオをつけてみるね。わたしってラジオ聴くのがすきだからね。そうしたらなんか聴いたことないと思う曲が流れていて、そこで初めて出会った曲で、それなのに自分でも信じられないくらいすぐにすきですきでしかたなくなって、いそいで曲名とうたっているひとをメモしておくの。調べたら、日本のガールズグループらしい。Especiaだって、かっこいいなあって、ああでももうずいぶん前に解散しちゃってる。けど、たくさんたくさん曲があるんだね。動画も。写真ものこってる。こんなにかわいらしい子たちがうたってるなんて思いもよらなかった。気になってくりかえし聴いた曲が、だいすきな曲になって、毎日聴くようになって。いろんなファンのひとたちにも出会うんだよね。お酒をのみながら、あの曲のここがどうであそこがこうだって話をするし、いっしょに出かけたら、うたいながらならんで歩くんだよ。一晩中すきとかかわいいしか言わないような話をしたり、わけもなく未来に思いを馳せたりもして。目も耳もふさぎたくなるくらい、落ち込んでかなしい日も、たのしくってちょっぴり浮かれてすごした日も、Especiaを聴くんだよ。聴いていくの。
 忘れるわけないじゃん。忘れられるわけないんだよ。Especiaの思い出は、みんながいないところにだっていくつもあるのに、勝手に忘れるとか決めないでよ。はるかちゃんも、えりかちゃんもミアちゃんも、そうなんじゃあないの?それでもどうしても忘れるっていうんだったら、そうしたらわたし、もういっかい出会っていちからすきになるから。わたしってラジオ聴くのがすきだからね、たぶん出会えるんだよ。理屈じゃなくて、もうそれはそういうことなの。ゆっくりかもしれないけれど、かならずまたたどりつく。ヤシの木タイムマシンなら、未来にもいけるよね。うそじゃないかどうか、見てきてもいいよ(笑)


 たぶん、解散しなかったとしたら、こんなに考えて考えて、あふれるくらい考えること、なかったと思うんだよ。いつもいつもわたしに、考えるためのテーマを差しだしてくれる。おかえしに、今のEspeciaにあげられるものってなんだろう。わたしからとか、べつにいらないかもしれないけれど(笑)Especiaへ、がんばれ。なにがなんでも、がんばれ。もうじゅうぶんにがんばってるでしょってことは知ってるけど、今のみんなに、がんばりすぎないで、は似合ってほしくない。そうじゃあなくて、こんなにかなしくてきれいでかっこいい、がんばるみんなの背中を、まだちょっと追いかけさせてほしい、です。それを噛みしめて握りしめた先で、この世界が案外やさしいことに気づくんですよ、わたし。Especiaのだいじなだいじな最後の大阪公演のために、えらばれたのが、あたたかな青空だったことも、そういうことかって。みんながやりたいこともやれることもいくらでもある、Especiaがいてくれる世界をあいしているし、Especiaがいない世界も、やさしいから、あいしていける。大丈夫だよ。きっとぜんぶぜんぶうまくいく。そんな予感がする。わたしの予感って当たるんだよ。


 最後まで無事に駆けぬけられますように。名古屋と東京もたのしみです。まだ終わってないからね!!!