読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴかぴか

Always believe in yourself.

思い込んでアップダウン

 実習がおわったー!今日で最後だった。あいさつをして回ったから、帰りがすこし遅くなった。帰りのバスのなか。かなり晴れやか。ひとつ思ったのは、この環境でずっと働くとしたら、つらいことが多いだろうなあってこと。今いる職場はスタッフも多いからちゃんと仕事が回っているけれど、実習させてもらったところはそうじゃなかったし、ピリピリしていて、ずっと苦しかった。長くてゆっくりのめまいが何回もして、身に合わないことはするもんじゃ〜ない。でもまあ話を聞くかぎりでは、そういうところのほうが多いのかもしれないなあとも思う。働くって、大変だね。今度の社内誌(っていうのか?)に実習の体験記を書かせてもらう〜。その冊子、毎回つまんなくて、「書かせてほしい」って常々言っていたのでうれしい。書くからには、そんな環境だとしても良いところを見つけなければいけなくて、頭のなかがずっとしっちゃかめっちゃかだった。悪口(笑)

 先月、ライター的なことをさせてもらえるグループに登録した〜。もらっていた課題をやっとちまちま書きはじめた。登録時にちょっとした略歴を書かないといけなかったんだけど、書けるようなことがまったくなくて。わたしは、とにかく書かないといけないんだって痛感した。でもまじめな文章をうつと目がしらのところが痛くなってくるし、やだ〜〜痛いよ〜〜って言いながら、いつのまにか擬音を連打したりしている。よくない。

 ほかの人の好きな言葉ってたくさんあって、メモ帳機能にそういうのコピーペーストして残してる。最近いちばん好きだったのは、おやすみホログラムの八月ちゃん「アイドルとしての八月ちゃんが作品だ!」っていうの。え〜〜そんなこと言えるアイドルがいたんだな〜〜なんだこれは〜〜って、めちゃめちゃほろっとして、ついでにぐらっとした。むむむ。ステージのうえに立つそれが芸術だって。ちゃんと完成してしまう前に見てみたいなあと思った。月並だけれど。未完成のうちの最高のところに常にいる人ってほんとに好きだ。

 見たい!とか見に行く!とか言いまくってるしそうしたい人が増えすぎてるの自分でも可笑しいなって思うよ。ちひろちゃん〜〜。舞台出るんだね。すごいね。本人から発信があったわけでもなくて勝手に見つけただけだし、わたし的にその情報をどう扱っていいのかわからなくて、でもうれしいことだなあと思うので、もっと盛り上がってくれていいのに〜。と、あいかわらず自分勝手なことを思ってしまった。まあでもわたしなんかがワーワーさわぎ立てることでもないよなあとも思うので、こっそり静かに見に行くことにする。どうすることもできた今のちひろちゃんが、また舞台に立ちたいと思ったのなら、それがすべてだよね。あとやっぱりヤナミューも行きたい〜〜。行けるとしたらつぎの土よう日しかない。。。うんうん唸ってる。。。

 ここまで一気に打ってみた。もうすぐ家に着く。買った秋服たちが届いてるっぽいからはやく開けたい。あめ玉みたいなころんころんのボタンがついたカーディガン。プリーツスカート。その前に記録をまとめなきゃ。提出するまでは終わらね〜。しぶとい。終わったら自分で自分のことえらかったね〜ってしてアイスをたらふく食べてから寝る予定だけど許してくれ。さよなら、一週間。じゃあまたね。