ぴかぴか

Always believe in yourself.

それぞれの天国をめざせ

 九月。晴れ。

 今週もいろんなことがありすぎてあっというまに金よう日まできてしまっていた。地球回りすぎでしょ〜〜

 一番に、もなりちゃん。ソロデビューおめでとうございます。またぜったいもなりちゃんの歌聴きに行きたいし、歌いつづけてくれるのならその先、わたしのいるこの街が、逸るような赤色に染まることもあるんだろうなあ。楽しみだ。

 半年で世界はこんなに変わるんだ。半年って、すごいなあ。同じ場所で足をばたつかせていただけのわたしは、なにか変われたんだろうか。それはそれで必死にやったつもりだけど。

 ちひろちゃんは、舞台に出るんだろうか。まだよくわからないね。でも少しでも関わっていることは確かで、それなら見てみたい、と思った。またステージから愛されてほしい、と思った。今思い出せるかぎりのステージに立つちひろちゃん、好きだったから、また見れるのなら見たい。どうしてEspeciaじゃあダメだったのだろうか。そもそも環境がちがうし、辞めてからまたやりたいと思ったのかもしれないけれど、こんなに悲しくて、それなのにうれしいことが他にあるんだろうか。怖くないんだろうか。重い扉のその奥の、小さなステージの上だけで、物語が進んでいくこと、誰かに見られて、良し悪しを決められてしまうかもしれないこと、怖くないんだろうか。わたしだったら、怖い、と思ってしまう。逃げだしてしまうんじゃないかなあ。誰かのなかの自分の記憶を、上書くのは怖いよ。その記憶が、すばらしかったならすばらしかっただけ、なおさら。この半年で、それに挑んでいける強さを手に入れたの、すごいなあ。元から持っていたかもしれないね。すごい。すごい。こんな、わたしなんかが、見に行ってもいいんだろうか。見たいと思ってしまった、迷惑じゃないかなあ。まだ出るってわかったわけじゃないのに、そんなに悩むことあるのかって、どうか笑ってくれ。好きだけどじゃなくて、好きだから、ほかのものも好きになれるってやっとわかったところなのに、本人が出てくるの超ずるい。

 すぐにいらない心配だったと思うかもしれない。そうじゃないかもしれない。考えて考えて、書くことは悪じゃない、と思いたい(笑)つぎの週始めから実習だ。自分のことをがんばったあと、またいろいろ考えよう。

 

f:id:nhmg2:20160902224806p:image