ぴかぴか

Always believe in yourself.

舞台フィギュアを見てきた/なつかしく私がなつかしいあなたをずっと掴まえている

 こんなに好きだと思える世界に出会えるなんて、思いもよらなかった〜〜

 

 11月12日、舞台「フィギュア!」の幕が、開けて、めいっぱいの愛を受け、13日、無事に閉じていきました。見届けました。わたしの二日間を、この舞台に預けてよかった、と思います。

  二日間だけだったなんて、うそ?夢みたい。空前絶後、大事件。終わってほしくなかったけれど、進んでほしくて、止められるわけなかった。あっというま。楽しくて楽しくて、わたしはあと何百年も生きるんだけどこれからもたまに思い出したい。自分がいつでも戻ってこられるように、感想をちょこっとだけ。(追記:すこしのつもりだったのに書いていたらとてつもなく長くなってしまった)

 

 第一目撃から目の前にばば〜んって衝撃、いっぱいのフィギュアたち(生きてる)と主人公(超生きてる)があちこちに。「あ、これもうめちゃくちゃハッピーな物語だ」って、この瞬間だけでわかるくらい、真ん中にいた主人公ひじき(Tシャツの文字をお名前として呼ばせていただく、敬称略)の表情がぐわんぐわん動くの。ひじきの頰が持ち上がるたびに、フィギュアたちも踊った。ここまでは楽しそうだな〜とふんわり見ていたんだけど、オタク友だちABが現れたらフィギュアたちが怪訝な表情をするんですよ。わたしはフィギュアを持ったことがなくて、だからフィギュアってすべてのオタクにやさしいものだと思っていたので、ひじきの中のフィギュア像なのかな!?って偏った解釈に持っていきそうになってしまったけど、やっぱりフィギュアたちだって大切にされたいよね〜〜って気づいた。

 ひじきのお母さんが登場(たぶんこの流れ)ほんとうに強烈キャラ。どっかーん。ダンスは腰回しまくりキレキレ。お母さんはひじきの趣味にわりとキレていて(だじゃれです)、ぱりーんぱりーんってフィギュアを根こそぎどこかにやっちゃった。でもわたしはあのお母さんのフィギュアがあったらぜったいにほしいよ。スイッチ入れたら動くやつがいい。

 

 たいせつなピンクフィギュアちゃん。ピンクフィギュアちゃんは世界に一人しかいないんだって。そうしたらもう取り合いですよね。好きなものに一生懸命チームの人たちとあとオタク友だちABとひじき。数えられるくらいだったはずなのに、体感的には150人くらいで取り合いしてた。はちゃめちゃ。フォーメーションの入れかえがわりとあったような気がするから、みんな前の立ち位置に残像を置いていくんですよ。必殺技すぎるでしょ。HIROKI先生の真剣白刃取りもここ!楽しみにしてた!好きなものに向かうときって自然と足に力が入るよね〜わかるわかる〜っていう強めのダンスが印象的だった。ナップサックとかエジモン缶バッジとか小ネタが充実していたので誰見てもおもしろかった。個人的にはデニムさんの作り込みに拍手をしたい。した。髪の毛を触覚っぽく立ててきたり、くつ下左右ちがうものを履いていたりで頭から足の先まで変な人だった(褒めてます)ダンスも絶妙に気持ちわるかった気がする(褒めてます!)

 で、ひじきとピンクフィギュアちゃんが出会ったよ。よかったね、って思ってしまう。だってひじきは最初っからあんなにやわらかく触れるんだよ。ピンクフィギュアちゃんもニコニコ背中を合わせる。生まれたて。初めてのダンスはどことなく動きがぎこちなくて、ああ愛されはじめた瞬間にやっと生ができあがるんだ〜って知った。じゃあ最初に出てきたフィギュアたちの生をもたらしているのもやっぱりひじきなんだな〜って。

 

 オタサーのお姫さま。衝撃は何回だって落ちてくる。ずっとあのテンションで踊るのほんとにすごいことだな〜と思うし、会場を右も左も、上にも下にも動かしまくっていた。そんなお姫さまに気に入られるのはやっぱりひじきで、ひじきの引力すごすぎる。

 

 ヒロインに出会ったひじき。ひじきに出会ったヒロイン。ひじきがごくりって喉をならしたの。意図的なのかわかんないけどすごいなあって思った。出会いは一瞬だったのに、その倍の倍くらいつづくひじきのときめきの表情とか仕草にいちいち感心してしまった。あと、放心のひじきを覗きこんだり、おーい帰ってきて〜ってするピンクフィギュアちゃんがかわいい。どうしてもかわいい。

 とちゅう出てくる子どもたちもかわいい。踊るたびにぴっぴっぴって指先とかひざの上のところとか目のなかとか光るの!それぜったい子どもにしか使えない魔法でしょ〜〜ひじきとヒロインの距離がきゅっと縮まったのはまちがいなくこの三人がかけた魔法のせいだ〜〜

 

 ピンクフィギュアちゃんの話に戻るけれど、ひじきのいないところでほかのフィギュアたちから攻撃うけちゃうシーンがつらい。ピンクフィギュアちゃんもフィギュアたちもつらいし、そうしたらわたしもつらい。けど実は、好きなシーンのひとつだった。ピンクフィギュアちゃんを助けたひじきに向かってほかのフィギュアたちが這ってくるダンス、愛憎が増す増す。あたらしさとかまぶしすぎる光に目をつむろうとはしないフィギュアたちに、やっぱり愛を感じてしまうから、つらいけどすきだ〜〜ってなった。目を背けないことや見つめあうことって勇気がいるよね。

 でもこれ以降のピンクフィギュアちゃんはほんとうにさんざんだった気がする。ずっとこまかく震えてた。オタサーの人たちに奪われてずるずる引っぱられて。けっきょく箱ごとつぶされちゃった。つぶしたのは別に誰でもなくヒロインにナンパを断られたチャラ男っていうもどかしさ〜〜。でも個人的にチャラ男も好きなキャラクター。千秋楽の回、ナンパするときにアドリブでポーズ決めてきたのめちゃくちゃ笑った。戦隊ものっぽかった気がする。

 でもね〜、やっぱり、つぶされちゃったときのひじきの表情ったらたまらなかった。あんなの、世界にあるどんなものでも勝てっこない。役としてそう居なければいけなかった、っていうのはわかるんだけど、でも現実の彼にだってそういう悲しさを知ってしまうことがあるんじゃないかなあいつも現実が先でだからこそ演技としてできることなんじゃないかなあ、と思ったら、とてもとおとい感情に見えました。

 

 落ちこませるだけ落ちこませて、そうしたら「わたしに還りなさい〜」の合図でオタサーの姫とお母さんが踊る。回を見るごとに、このシーンはやく来いはやく来いって願っているわたしがいた。おふたりのダンスに奮い立たせられて、救われる。最後の回でね〜、オタサーのお姫さまにひざの上に座られた!笑 そこでぎゅって手握られて、そうしたら自然とぎゅって握りかえしてた。知らないうちにちゃくちゃくと愛着を持ってしまっていたの。やさしいから仕方ないよね〜。

 

 つぶれちゃったピンクフィギュアちゃんがひじきの後ろで踊るシーン。好き。それはもう笑顔で踊るから、ひじきの思い出の回想ってことかな〜と思うんだけど、でも、壊れちゃったからこそもうひじき以外のものにはなり得ないだろう、ひじきが自分だけを見ているっていうピンクフィギュアちゃんの喜びなのかもしれないよねっていうのも捨てきれない。どちらかというと後者寄りでいたい。ていうか、そういう気持ちでさえ許してくれるんだろうな、ひじきは。だんだん感情的になってくるピンクフィギュアちゃんにグッときた。

 

  ヒロインがひじきに新しいフィギュアをプレゼントするの。三瀬ちひろちゃんだよ。今までだって何回でも見たことあるのに、世界で初めて三瀬ちひろを見つけてしまったみたいだった。かわいい。超かわいいけど、知ってたみたいにするするは踊らないんです。ぺたぺた?かな〜それかたんったんっ。フィギュアって踊れるんだね〜って改めて気づく。きれいすぎてゾッとしちゃう。

 ちひろフィギュアはぐんぐんひじきを揺さぶるの!わるだね!終わってからすこしお話させてもらったときに、「(悪い女に)なれてたかな〜?」って聞かれたのに、「慣れてたから〜」って聞こえて、妙に納得してしまったのほんとに申し訳ないと思ってる(笑)でもそれくらい、楽しそうに踊っていたの!!なれていたと思うよ。だって、ひじきより、わたしこそ、ちひろフィギュアから目離してないんだよ。離せなかった。

 

 最後はもうずっとピンクフィギュアちゃんがせつない。もう選ばれないんだよ、ひじきに。ピンクフィギュアちゃんが悲しく踊るたびに、ひじきは「もう行かなきゃ」みたいな表情をする。ひじきとヒロインは、きっともう、研がれても研がれてもずっと二人でいられる。ピンクフィギュアちゃんはそうじゃあない。けど、でも、ひじきの想いが叶えられていく過程にはずっとピンクフィギュアちゃんがいて、必要で、だったら、ピンクフィギュアちゃんにだって叶えるための想いが必要だったよね。それが、自分の生をもたらしてくれたひじきの想いでよかったよねって思った。ほんとにまるっと愛おしかったよ〜〜。ピンクフィギュアちゃんの揺れる心は奇跡みたいにきれいだった。

 

 エンディング、黒で揃えられた衣装、群で踊るの。みなさんとってもかっこよかった。自信しかない。誰も人の後ろで踊ってきたわけじゃあないということ。だいすき。わたしは踊っている人を見ることが世界にある楽しいことのなかでいちばん好き。好きなものに一生懸命チームのデニムの方(目が持っていかれっぱなしだった)と、フィギュアちゃんの巫女さん(黒衣装のときは髪の毛ハーフアップにしていて超かっこいいの)と、白ワンピースの子(足も手もまっすぐに伸びるのがかっこいい、対HIROKI先生で踊るシーンも好き)、とくにめちゃくちゃに惹かれてしまって、またステージに立って踊るのなら、見に行きたいと思った。

 あと、やっぱりちひろちゃん。はしっこからとびだしてきて、どんどん自分のものにして、ステージの先でやわらかく伸ばした腕、指先、そこで踊ることが好きなんだよね、っていう表情、そのぜんぶに果てしなく心を動かされるんだよ。あらゆることが、あの瞬間ちひろちゃんの味方をした。ほんとにほんとに、また踊ってくれてうれしかった。

 

 生きてきたなかでコメディー作品ってあまり触れたことがなくて、で、信じてないみたいなところがあって。しかもセリフがないのにダンスだけで笑えるなんてあり得っこないって思っていた。

 そんなことがあってもいいんだよ。ていうか、実際に目の前で起きたし。自分がこんなに笑えるし泣けるなんて知らなかった。おもしろかったな〜〜。ぜんぶ見たのにまだまだ見たかった。フィギュアロス。

 

 ちひろちゃんが出ていなかったらたぶん観にきていなくて(大阪はちょっと遠いからそこは許してほしい笑)、だからこの舞台に出会わせてくれたちひろちゃんに感謝してる。いつも新しい世界をみせてくれるの〜〜(だじゃれです)また、ステージに立っているところ、見たいな。

 

 すてきな世界でした。愛をこめて。また。

レッツラゴー

 家族内だけの決まりごとみたいなのがある。アイスを買うときはみんなの分も買うこと、ドライヤーを取ってほしいときは「ガー取って」って言うし、わさびはからし。からしもからし。決まりごとっていうか、たぶんうちだけで通じる、うちの当たり前。

 いちばんおかしいな〜と思うのが、車に乗って出かけるとき、運転席に座ったお父さんが「レッツラ〜」って言うから、それに続けて「ゴー」って言わないといけなかったこと。なるべくテンション高くね。言わないと、出発してもらえない。折り紙博物館のほかにもいろいろ連れて行ってもらった。映画館もプールもゲームセンターも、レッツラゴーの先にあった。当時はそれが普通のできごとで、たまに友だちの家の車に乗せてもらうことがあると、レッツラゴーがないから妙に落ち着かなかった。おかしいでしょ(笑)

 中学生くらいになると、車に乗ることが減った。最後のレッツラゴーは、高校の合格発表の日。 受かる気でいたけれど、誰かと見に行くのは嫌で、一人でこっそり行くつもりだった。通学用に買ってもらった自転車は、初めてのわたしだけの乗り物。それなのにその日お父さんはわざわざ仕事を休んでいた。変なのって思った。二人しか乗らないのに、わたしは後部座席に座った。お父さんが「レッツラ〜」って言って、わたしが「ゴー」って言った。聞こえたのか知らない。別に言わなくてもよかったけど、癖だからね。自分が行きたいなら、言わなきゃいけなかった。高校は合格してた。やっぱりねって思ったけど、行きたかった学校だから、うれしかった。

 高校生になったら、自転車でどこまでも行けたから、車に乗らなくなった。今ももうお父さんの運転する車に乗ることはないし、レッツラゴーなんてなくても、自分だけでどこへだって行ける。

 それでもわたしは、今でもなんとなく、レッツラゴーを思い出す日があるんだよ。う〜ん、ていうか、昔は行きたいからレッツラゴーを言っていたけど、今はレッツラゴーの先には楽しいことがあるって知ってる。レッツラゴーを言ってたどりついた場所で、楽しくなかったことなんてないし。だから、レッツラゴーに楽しみな気持ちを乗せているのかもな〜〜。自分が楽しいと思える場所に行けるかどうかは、自分でちゃんと決められる。レッツラゴーの先には道がつづいているし、じゃあいってらっしゃいかな。わたしはこれからも、レッツラゴーの先の未来を見ていきたい。

 

 家族のなかだけとか自分のなかだけの決まりごとみたいなのある?あったら教えて〜〜。

広告を非表示にする

ハッピー

 折り紙が好き。

 昔、お父さんによく折り紙博物館に連れていってもらった。加賀のほうにあって、家からはすこし遠いのに、どうしても行きたいんだって何回も駄々をこねた。車で高速道路を走って行くんだけど、途中に美川町っていうところを通ると「美川 県一(美川憲一)の町」っていうだじゃれの効いた看板があるの。それを見るのも好きだった。今もなんにも変わらない(笑)

 たしか、博物館が建物の二階にあって、一階にはカラフルなお菓子がたくさん売っていた。帰りにそこでケーキを食べさせてもらうのも目的だったんだと思う。今もなんにも変わらない(笑)

 豆粒みたいな折り鶴があった。きれいでたまらない。ほしくてほしくて、自分でもたくさん折った。定番だけど、折り鶴がいちばん得意かな〜。あと、一時期いろんな種類の恐竜を折るのにハマってた。複雑なやつ。あんなのもう折れないけど、でも、楽しかったのは覚えてる。

 

 ひさしぶりに折り紙した。

f:id:nhmg2:20161104233854j:image

 ハート。ちょっといびつな形になってしまったけど、ぷっくりしててかわいいでしょ。ほんとうはケーキとかも折りたかったんだけど、色紙がなかったからまた今度。はるかちゃんとえりかちゃん、お誕生日おめでとうございました〜。ハート。今もなんにも変わらないよ、だいすき。

広告を非表示にする

女の子を泣かせた話

 みんなは、女の子を泣かせてしまったこと、ある?

 わたしはある。

 保育園に通ってたころで、ていうか保育園のときの記憶ってほとんどそれしか残ってない。もっと楽しいことがあっただろうし、新しい発見だってたくさんしたはずなのに。たぶん余程衝撃的なできごとだったんだろうね。デジモンが好きで、あるキャラクターが男なのか女なのかっていう話でケンカをした。なんだそんなことって、今なら思う。わたしがどちらだと思っていたのかは覚えていない。それくらいの話。でも当時はそれが大事だったんだろうな、とも思う。わたしは、わたしの方が正しいと思っていて、どっちもそうで、そうしたら相手の子が泣いた。泣いて、泣きまくって、泣き止まなくて、自分は悪くないから、わたしのせいだって担任の先生に言った。最後に、「もうしゃべらない」って言った。わたしはわたしで、なんで泣かれなきゃいけないんだって思ってぜんぜん納得いかないから、謝りもしなかった。けれど、その日はずっと悲しかった。そうして、本当に、もうしゃべってもらえなかった。そのあとの保育園生活ずっと。わたしは小学校に上がるのと同時に引っ越しをしたから、もう会うこともなくなった。引っ越し以降も仲良くしてくれた子以外は顔も名前もこれっぽっちも覚えていないけど、その子のことは今でも覚えてる。すべり台でアラレちゃんに出てくるスッパマンの真似をしていて、顔面から地面に激突しちゃうような、そんなお茶目でおもしろい女の子。

 もしわたしが、泣かせてしまったことを謝れていたとしたら、もうしゃべらないなんて言わなかったかな〜。そもそもケンカなんかしなければ、ずっと仲良くしてくれたかな〜。わたしの目の前には、今しかないからわからない。

 今しかないけどでも、その今がけっこう楽しいってこと、過去のわたしが知ったらびっくりするかな〜。泣かせてしまったわたしだから、それを振り返ってバカだったな〜って考えられるようになった。保育園のころのわたしには、そんな今があるなんて思いもよらないだろうね。どの時代のわたしも、びっくりさせたい。今、目の前で起こっているすべて、うそみたいだけど、現実なんだって。いるけどいない人がいること。夢じゃない。たらればはどこにも落ちてない。じゃあせいいっぱい大事にしないといけないね〜〜。もう泣かせたらだめ。

 

 アラレちゃんを見て思い出した話と今の話〜。

無駄なことなんてきっとないのでしょう

f:id:nhmg2:20161030150253j:image

 いい天気だった〜

 初めてアウトレットというところに行ってきた。遠かった。ぐるっと一年をかけて回ってきた冬物とか秋に着るには賑やかすぎる夏物とかがたくさんあった。安かった。ワンピースを買った。買わないのにどうしてもフランシュリッペをのぞかないと気がすまないかんじ、やっぱりメルヘンやろうだな〜と思う。

 

 中塚智実ちゃん、知ってる?

 好き。なにがって言われると、、わたしの語彙に乗りきらないんだけれど、グループ時代からずっと好きだった〜。ちょっと大人になっていて、でもやっぱりとてもタイプ。写真展やるらしい。ちょうど東京にいるときだから、行きたい。

 これからも好きな人やものの話をたくさんして、そうしたらわたしの好きな人のことを、それを見た人がわたしよりも好きになってくれたら、と思う。

 

 この先の楽しみなことたちが、大きく手をふってくれていたり、待ってるねって笑ってくれたりしている。楽しみだな〜。

 

 f:id:nhmg2:20161030193021j:image

 プリクラ。ありとあらゆることが、あなたの味方をしますよーに。

 まとまりがない。また。

字が書けない

 字を書くのがどうも苦手。字そのものはそんなに下手じゃあないと思う。小学生のころは週に二回、お習字に通っていた。一年生から習い始めて五年目の年、学校の担任の先生がどこかの国へ出張へ行くから、ってクラスを代表して字を持って行ってもらった。何分もかけて墨を磨って作った墨汁。きれいな色の和紙。わたしは「絆」って字を書いた。当時ファンだったKAT-TUNの曲からもらった言葉。たしか物々交換みたいなかんじで、わたしは字のお礼としてその国の小学生から手作りのカエルのキーホルダーをもらった。好みじゃなかったけれど、せっかくだからってそれからずっとかばんに付けていた。赤と緑なら、わたしにとっては、クリスマスよりカエルとランドセル。

 字を習っていたときにずっと、字が薄い薄いと言われていて、で、力を入れすぎるようになったと思う。だから、中学生になってシャーペンを使えるようになったら(小学校ではなぜかシャーペンが禁止されていた)、芯がめちゃくちゃ折れた。ぎゅっぎゅって力を入れるから、手も痛い。仕方がないから太い芯を使ったり、えんぴつを使ったりした。えんぴつは、削るたびに短くなるのがかわいくて、好きだった。かわりに毎回右手の小指の下、側面のところを黒く汚して、そのせいで紙も汚した。好きだけど、だいきらいだった。

 高校生のときは、ノートをぜんぜん取らなかった。できるだけ書きたくなかった。疲れるし。毎日本屋に寄り道していて、マイブックっていう文庫本に出会った。ここでちょっとだけ意識が変わる。文庫本だけど、どのページも日付けしか書いてない。なんでも自分の思ったことを書ける本。基本的に日記みたいに使っていたけれど、たまに書いてないページが続いたり、大倉くんの好きなところが箇条書きされたページとか、いろいろある。字を書くのが好きだと思った。

 で、今。ひさしぶりに人に読んでもらう字を書こうとしている。最初の一文字すら書けないでいる。どんな調子で、どのくらいの力を入れたらいいんだろう。う〜〜ん、むずかしいな〜〜。あのとき、絆って書くって決めた。それはもうわくわくした。そのときの何倍も時間をかけてスマホのメモに下書きしたのに。スマホだったら打てるのにな〜〜。自分が好きだから、書くことは悪じゃない。けどやっぱりむずかしい。知らない国の知らない子なのに、目の前にいるみたいに思えたこと。カエルだけど(笑)むずかしい。苦手。好き。ちょっとしばらく放ったらかしにしてみよ〜〜。

 

 いったいぜんたい何の話なのかって言われると、力を入れすぎないで生きていきたいよね〜ってこと。今日食べたミルクレープがおいしかったよ。

広告を非表示にする

タイムスリップしたい/いつも思い出のなかにきみがいる

 さむいね。今日、実習の評価を受け取りに学校へ行ってきた。一か月ぶりくらい。授業なくても通って勉強するぞ〜って言ってた人、誰だっけ(笑)その前回まで、登校した瞬間から汗だらだらだった気がするのに。誰にも使われないのに解放されっぱなしのコンピュータールーム。座ったイスの端っこが冷んやりしていた。80デニール黒のタイツ、まだ引き出しの奥に丸めたまんまだ。でもそういえば、寒いのってきらいじゃないんだよな〜。空気吸うだけで刺されてぜんぶリセットされる感じがする。単純なことなのに、寒くなってからじゃないと思い出せない。暑くて暑くて、そのときはまだ目に見えなかったことでも、ちゃんと見えるようになるんだよね〜。基本的に毎日死にたくなくて、だから部屋を出るのが億劫なんだけど、なんだかんだと外へ連れだしてくれた学校はありがたかった。また行く。

 

 正夢をみる。

 書き出しがあほっぽい(笑)ピンとこないかもしれないけれど、ほんとによくみる。でもだからって、何の役にも立たないよ。だって、曲がり角を曲がる夢とか、階段をおりる夢とか、そんなので。初めて行く場所で、「このお店の角、夢で曲がったことある!」とか「この階段おりたことあるなあ」とか、よくある。夢のなかでもタタンッタタンッてリズムにのって階段おりてる。正夢だ〜ってすこし自分のなかでテンション上がる。役に立たないけど、不思議で、うれしい。そんなことが起こっても良いでしょ〜って手放しで喜べてしまうから、自分の正夢のことは信じてる。信じてるから、次はなんかもっとこう、現実世界が変わるような正夢みてみたいな〜。あとたぶん、他の人にもそういう超科学的なことが起こっているとしたら、信じられると思う。おばけでもタイムリープでもいいよ。何かあったら教えて。

 

 ちぃ〜ちゃんの選ぶ言葉が好きだ。

 答えみたい。辞めるのは悲しかったし、なんで辞めるんだよばーかばーかって怒ってた(拗ねてた)けど、時間がたって、もうその感情はなくなった、そんな感情でもちぃ〜ちゃんがいたから浮かんできたこと、じゃあ知れてよかったと思う。悲しくない怒ってないって言ってしまうのは乱暴すぎるなあと思って、もっと咀嚼してからリプライしようと思ったら、タイミング逃してしまった(笑)からここに書いてる。いろんなことぜんぶ、そんなことがあっても良いでしょ〜って許せるようになった、かも。そのときはまだ目に見えなかったことでも、ちゃんと見えるようになるんだよね〜。自分に甘いから、わたしちょう大人じゃん!すごい!やればできる!ってめちゃくちゃに褒めてる。やっぱりあほっぽい。

 

 いろいろ書きたいことあるからまたブログ毎日書くやつやってみる〜。タイムリープでもしない限り、ちぃ〜ちゃんのことばっかり書くかもしれないけれど許して〜。でもあと二週間、待ちきれなくて、今は未来にタイムスリップの方がしたい。今日だってすぐ過去になるのにね。