ぴかぴか

Always believe in yourself.

奥津マリリちゃんのブログのすゝめ

 

 大阪で奥津マリリちゃんのステージに一目惚れしたのが二週間くらい前です。それから、時間があるたびにマリリちゃんがこれまで書いてきたブログをさかのぼって読んでいて、ついに!全部読みました!ちょっと言わせて〜〜めっっちゃくちゃ楽しかったよ〜〜。

 どれを開いても、ハッピーな文章が並んでいるんだけれど、その中でも特に、好き!これからもたまに読み直したい!って思った記事を上げておきたいです。わりと自分のためなんだけど、みんなにも読んでほしい。

 

 

 大阪から帰って、ほっくほくの状態で読んだ376日目。もう一年以上毎日ひとつずつ書いていて、それなのに初めてちゃんと読んだの。びっくりだよね。

皆の愛情で私はすくすく優しく可愛くなれているよ
ありがとう

 最後の一文まで読み終わったとき「わたし、この人、好き!!」っていう感情がぱーんって上に向かって弾けて、ふわふわになって降ってきた。うん、今もう一回読んでも好き。なんてやさしい人なんだろう〜〜って思ったし、惜しみなく好きでいていいんだなぁ〜〜って、ハッピーにさらに色が付いたかんじ。

 目の前で楽しそうにうれしそうに歌うマリリちゃんを見て、この人を応援できたら楽しいだろうな〜〜って思った、そのときの気持ちがね、なんていうか、もう一回胸のうちを一周した、みたいで。できればそのときの気持ちを真空パックにぎゅうぎゅうに入れて未来永劫保存しておきたいくらいだったんだけれど、無理だったからね(笑)だから、また絶対ライブ見に行くぞ〜それまでなにがなんでもがんばるぞ〜って、これを読んで決めたのでした。

 

 

 わたしも次に東京へ行ったとき新大久保へ寄ってザクザクチキンを食べようと思ってたの!!(それだけ)

 

 

 大笑いした。とりあえず見ればわかるよ!!めちゃくちゃおもしろいから!!見て!!

 

 

多分だけど、奥津の人生見てるの楽しいと思う!!

全てを許すから全てを託してね、と思うのが奥津マリリ
ぶっとばされる覚悟をしてねエブリバディという気持ち。

 どっちも、これを言えるのはすごくないですか?こういうことを言える人にステージに長く立ちつづけてほしいなぁと思っています。ステージに向ける覚悟や自信の大きさを感じるね。

 

 

 最後の画像がかわいい♡

 

 

泣いちゃう位の嬉しいことは忘れないように胸にぎゅっと詰め込んで、ふわふわのパンがキチキチになるくらいまでぎゅーーーっとして、ゆっくりと泣きながら咀嚼したい

  言葉への思いの込め方が好き。こういうの、もうずっと持ち歩いていたいくらいに好きな言葉だなぁ。

 

 

  文章にテンションをつけるのがめちゃくちゃ上手だな〜〜と思う。あと、行間にドキドキ感を入れているところもばつぐんに好き。

▼好きな時間
朝日が昇る時間

だいたい寝てるよ〜

 クスッとした。

 

 

  今年の目標が書いてあって、で、もうそろそろ今年も終わるじゃないですか。わたしはマリリちゃんという人を知ったばかりだから、この一年のことを全然知らないし、みんな教えて教えて〜〜マリリちゃんの話をたくさん積み重ねてミルフィーユみたいなかんじにしてパーティーとかしようよ〜〜って感じなんですけど(リアルなお誘い)、ああでもこういうのを目標にしてきたから!だからあんなにやわらかな雰囲気を持っているんだなぁ!って、すごく合点がいきました。しあわせのにおいがする人だなって、その感覚、めっちゃ合ってた!!

 

 

 いっちばん最初の記事!始まりだよ〜〜続けてくれてありがとらぶ!のお礼を全力で言いたいんだよ〜〜。

 ここまで読んで、わたしの中で奥津マリリちゃんが始まった。かんぺきに、これはもうどう考えてもめちゃくちゃ好きでしょ。奥津マリリちゃんのファンですって言いふらして自慢してまわりたくなってしまって(笑)ちゃんと「すゝめ」になったのかわからないけれど、このブログが好きだな〜〜ってことは伝わったはず!!って書いているあいだにも毎日更新されていくし、まだまだ好きなページが増えていくんだもんね〜〜楽しみ〜〜

 

 毎日ハッピーな時間をくれてありがとらぶ!です!

夜寝ているときに鬼が来る話

 

 夜寝ているとき、枕元に鬼が来るじゃないですか?

その異様な気配で起きちゃって、目を開けたら最後、鬼に襲われます!!!!!

 

 

 ・・・いや、来ないんですよ、鬼なんて。そもそもこの世に居ない。知ってるから安心してほしいです(笑)小さい頃は信じていたけれど(夜ふかししたら来るから早く寝なさい!的な)、鬼なんてもうどうでもいいんだよ。むしろ、早く寝られないことのほうが怖いよ!!と思っています(笑)

 けど、今でも、そのときの癖みたいなものが抜けていなくて、ベッドの上に枕を置けない。伝わるかな(笑)ふつうだと胸とかお腹がくる位置に枕を置いて、足はベッドからはみ出るから、ひざを曲げるしかないね。おふとんは頭からかぶる。そうしないと寝られない。頭がある位置にちゃんと頭があったら、鬼にすぐ見つかっちゃうじゃないですか(?)寝相が悪いのは百も承知だし、改めて書いてみても、マジどうしようもない奴だよ、、ってふつうに落ち込んだ(笑)

 

 そういう、癖?習慣?、変えられないこと、ってあるよねって思っていて。

 その日持っていくお弁当箱を選ぶのが毎朝の習慣だよ。10種類くらいある!!(自慢気)前はめんどうでお弁当を持っていかないことが多かったけれど、お弁当箱集めにハマってから持っていくようになった。お弁当箱を使いたいだけなので中身はこだわりがなくて、ほぼ毎日冷凍のシュウマイとおにぎりです(笑)

 あと、テレビに話しかける癖も昔から。マツコデラックスさんのファンなんですよ。秘密だけど心のなかでマツコちゃんって呼んでる。ひみつのマッコちゃんってことです。マツコちゃんが出てる番組は欠かさずチェックしていて、マツコちゃんに話しかけながら見ています。基本的にマツコちゃんの意見に同意していくだけなんだけど、マツコちゃんの毒っ気をぐるぐるにかきまぜて、マイルドにしている自負があります。楽しいからやめられない。

 ずっと、朝いちばん最初に聴く曲はビハインドユーだし、うれしいことがあってもかなしいことがあってもマウントアップを聴きたいと思うよ。そうじゃなくなる日が来るとしても、そうだった時間は確かに残っていくからね〜〜。

 

 いったいぜんたい、何の話なのかっていうと、変わらないことや変わったこと、変わっていくことも、いろいろあるね〜〜って。鬼が怖かったあの頃の自分に、今会えるとして、「今日まで、とうとう鬼は来なかったよ」って、教えないと思う。そうやって、ちゃんと探しあてた落ちつけるポイントがあること。自分にとってはけっこう大事なことなんだよね。そういうの全部、抱きしめたまま生きていけますよーおに!っていう願いの話。新しい場所が、今はすごく楽しいよ。

きみの好きなものに、きみの前でなるよ

 12月2日。土よう日。大阪。晴れ。

 エクストロメでした。サンホール、たぶん行ったことあるのに、ぜんぜん道がわからなくてね。どこに行けばいいんだろう、どの道が正解?って、地図見てもずっとわからなかった(笑)連れて行ってもらって、ああここか〜って、もうなんかそれくらい久しぶりでした。でもやっぱり、アイドルって楽しいね。それまで声も知らなかったアイドルから、光がとびちってくるんですよ。感情が弾けるの。みんなみんな、向かうところ敵なし!の笑顔で、かわいくてきれいでかっこよかった。

 

 で、その中でも!初めて見た、楽しみにしていた、フィロソフィーのダンスのライブが、やっぱりめっちゃくちゃ楽しかった!!という話をします。

 

 きみの好きなものに、きみの前でなるよ

 一曲目、ベスト・フォーでした。大阪に来る前、ずっとずうっと聴いていた曲。わたしの、初めてのフィロのスのステージが、この曲から始まったの、ちょっと特別すぎるね。

 日向ハルさんが、周りの空気まで生き生きと動かしていくパワフルな声で、「きみの好きなものに きみの前でなるよ」って歌い上げるのをイヤホン越しに初めて聴いた、あの瞬間に胸のうちで輝いた気持ちが忘れられないんです、今でも。その気持ちを頼りに、なにがあっても立っていられるのかもしれないなぁと思っていて。「あの曲を聴きたい」の一心でライブに行きたいって思ったから、聴けてうれしかったです。ほんとに楽しそうに楽しそうに歌うんですね、ハルちゃん。歌うパート、すっごく多いのに、一語一句ぜんぶ大事にしているんだなぁって伝わってきました。わたしもこの曲のことを大事に大事に、これからも聴き続けていきます。

 あとねえ、縦に一列に並んでからバッて開くところ、お花が大きく開くみたいできれいだな〜〜と思ったし、地面が味方についたかんじがしたよ。今!この場所に!根を張るよ!!っていう意気といきおいを感じました。

 

 わたし走りたい 裸足でもね、痛くないよ

 エポケー・チャンスも楽しくって、戦わせてくれてありがとう〜〜とか思って、そんな気持ち初めてでした。平和主義なのに(笑)

 奥津マリリさん、途中から目が離せなくなって。明るいほうへ駆け出していくような感覚、もう、すごくすごく好きだったな〜〜。お顔の角度の付け方がめっちゃくちゃ好き。ソロパートを歌う時のつやつやの表情も、ちょっと目を細めるのも、すてきでした。どの曲だったのか覚えていないんだけれど、ターンが多い曲があったなぁと思っていて、こんなにもきれいに動く人がいるんだなぁって、世界まるごとひっくり返されたみたいでした。お顔残してターンできる人がほんとにほんとに好きなんですよ。どうしようもなくずっと見ていたくて、回りつづけてほしいと思ってしまった(笑)

 

 わかった?それがそうだ二人の衝動!

 十束おとはさん。おとはすちゃん、って呼びたくなる。ひとつひとつの所作から、かわいいに手を抜いていないことが伝わってきて、見ていてとてもどきどきわくわくしました。肩とか手(マイク)を置きたい位置が、自分のなかできっと決まっていて(肩はきゅっと前に出して、マイクは高めに)、そこに持っていくまでのやわらかな動きが印象的でした。でもお辞儀したときに腕を伸ばすからマイクも下までびよーんって運んでいたのはおもしろかった(笑)手足が心地よく長い。

 

 そこに愛だってみつかるから

 佐藤まりあさん。話に聞いていたとおり、め〜〜っちゃかわいかった。にこぉ〜って笑うの。最初から最後まで。でもそれだけじゃあなくって、たまに、切ないというか、ひりひりする表情を浮かべるなぁと思って、目がひかれました。あんぬちゃんの表情が動くたびに、ステージがぐっと奥深さを増したし、寄り添ってもらえたような感覚。握手会で、楽しめた?って聞いてくれてね。「楽しかった?」じゃなくて「楽しめた?」こちらと同じ方向を向いてみてくれる、めちゃくちゃやさしい言葉えらびだなぁと思いました。

 

  12月3日。日よう日。晴れ。NU茶屋タワレコで、インストアライブでしたっ。

 

 ただただどうしようもない恋/ただただ背伸びしてる恋

 夏のクオリアはなんだか特別な曲に聞こえました。なんだろう、歌い方を変えているんですよね?みんな。すっごい心が集まっているなぁって思いました。

 ハルちゃんの最後のところ、め〜っちゃきれいな高音で。もう、思い出しただけで心がきゅっとなる。

 

  誰のものでもない方法を踊れ
 今日も、最後の曲はダンス・ファウンダー。ばつぐんのぐんぐんに楽しかった〜〜です。両手を大きく横に振る振り付けが、少しずつ少しずつハッピーを増幅させていくかんじがして楽しかったなぁ。振り付けとかまだまだほとんど知らなくて、でもここだけは、初めてでもいっしょにできました。ほかの曲も振り付け覚えたい!です。合わせられたら楽しいだろうな〜〜っていう場面がいっぱいあった。みんなていねいに踊ってくれるから、きっとすぐに覚えていけるね。

 

 ほんっとうに楽しい二日間でした。これまで、どこに行けばいいんだろう、どの道が正解?って、自分の毎日なのに、よくわかんなくて。なんとなくどこにも進めずに過ごしてきてしまっていたんだよ。そうしたら最近、こっちだよって導いてくれる曲たちにたっくさん出会えた。いつだって、ちょっと先にいてくれるひとたちのこと、追いかけてみたくなっちゃう。手を引いてほしい、のかもしれない。そう思うのって、そんなに悪いことではないよねえ?、と、思っています。だって、今日にくるまでの選択に花丸をつけつづけていたいし、毎日に幸福のスタンプをばーんって押していたいから。かなしくなるために進みたくなくって、だから、こっちが楽しいよって教えてほしい。フィロソフィーのダンスは、まさに、それを叶えてくれるひとたちでした。「ほら」って呼びかけてもらえる、それだけでもうじゅうぶん。信頼の切符がきられつづけていくよ。

 

  魔法には 自分から そう、かかりにいくものでしょ

 わたしの好きなもの、きんきらのステージ、あたたかな歌声、ふわっとなびく衣装、眩いばかりのダンス、そのすべて、ここにあったよ。

 思いきって、今、見にいってよかったな〜〜。たくさんたくさん楽しかった。わたしにとって大阪は、いっつもいつでも、好きをいっそう大きくする場所だし、ハッピーにふれられる場所だよ。ぬくぬくにあったかくなって帰ってきてしまった。冬が寒くてよかったな。う〜んよかったな〜〜もう、めちゃくちゃ好きだったな〜。フィロソフィーのダンス。今、こんなにも楽しい世界が、わたしの目の前にあること、誰の前にも等しくあり得ること、みんなに知ってほしかったんです。またライブ行くから、次はいっしょに見ましょう。

 

よんでください

  最近、漫画をどっさり買って、毎日ほくほくしながら読みました。楽しかった。おすそわけです。

 

秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))

秘密―トップ・シークレット (1) (Jets comics (234))

 

  これ、1巻を試し読みした時点で、ど!ど!どハマりして、シーズン0含めてぜんぶいっきに買いました!!死者の脳から記憶を映像として再現する「MRI捜査」、それを扱う「第九」が舞台の話。近未来の話とかほんとに好きなんですよ。一話一話が大事すぎて、毎日10ページくらいずつゆ〜っくり読んだ(笑)

 薪さんが好きで好きで大好きで、お顔が!!今、カメラロールに薪さんの画像がいっぱいでふくふくです。うるおい。生田斗真さん主演で実写映画化されているみたいなので、はやく見なければ!!

 

 

プリンシパル 1 (マーガレットコミックス)

プリンシパル 1 (マーガレットコミックス)

 

  いくえみさんの作品がほんと〜に好き。途中まで読んでいたプリンシパル(こんど実写映画化が決まっている!!)をやっと最後まで読みました。糸真ちゃんの心のゆらめきにいっしょに流されて流されて、たどりついたのが今ここ、だよ。あとお父さんが糸真ちゃんのことを「糸真ちゃん」って呼ぶのが好き。かわいい。

 太陽が見ている(かもしれないから)も好き。どうしようもなく、揺れるものにときめくのかもしれない。あと、かの人や月も好きだったなぁ。でもやっぱりろくちゃんは特別。

 

ストロボ・エッジ 1 (マーガレットコミックス)

ストロボ・エッジ 1 (マーガレットコミックス)

 

  ストロボ・エッジが世界でいちばん好きな漫画です。もう、いっちばん!中学生のとき、毎月別マの発売日がたのしみでたのしみでね。ページをめくればいつでもぴかぴかの目をした安堂くんと目が合うから、今まで何回も読み直しました。そのたびになんだかちがう感想を持てていて、ストロボエッジ越しに自分を見てきました。宝物みたいな漫画です。関係ないけれど、最近、中高生時代のわたしの写真を発掘して笑ったので、だれか見てください(?)

 咲坂さんが連載中の思い、思われ、ふり、ふられも良きです。今後がたのしみ。

 

  これも連載中で楽しみにしているお話!咲坂さんのお話と共通しているところとして、主人公がふつうにふつうで、めっちゃいい子ってこと。ふつうの人がていねいに幸福になっていくのを見せてもらえるのが好き。

 

シックスハーフ 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)

シックスハーフ 1 (りぼんマスコットコミックス クッキー)

 

  これも途中まで読んでいたのを最後まで読みました。最終回に近づくと、終わってほしくなさすぎて、読むのをやめてしまうクセが、、漫画読む姿勢に問題がありすぎる(笑)

 詩織とまーちゃん(妹)とのシーンがずきずきして好きです。泣いちゃう(すぐ言う課)

 

 

 あと、最近読んだわけではないけれど、今まで読んできて好きだった漫画です。設定も絵柄も何もかもバラバラ。でもおもしろくって笑えて泣けて、完結していても、わたしの人生のなかで、ずっとずっと、いろんな形で展開しつづけていくお話たちです。たいせつ。

 

こどものおもちゃ (1) (りぼんマスコットコミックス (791))

こどものおもちゃ (1) (りぼんマスコットコミックス (791))

 
水の館 (りぼんマスコットコミックス (1168))

水の館 (りぼんマスコットコミックス (1168))

 
愛してるぜベイベ★★ (1) (りぼんマスコットコミックス (1416))

愛してるぜベイベ★★ (1) (りぼんマスコットコミックス (1416))

 
天使なんかじゃない (1) (りぼんマスコットコミックス (610))

天使なんかじゃない (1) (りぼんマスコットコミックス (610))

 
下弦の月 (1) (りぼんマスコットコミックス (1114))

下弦の月 (1) (りぼんマスコットコミックス (1114))

 
orange(1) (アクションコミックス)

orange(1) (アクションコミックス)

 
きせかえユカちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1310))

きせかえユカちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1310))

 
シュガシュガルーン(1) (KCデラックス なかよし)

シュガシュガルーン(1) (KCデラックス なかよし)

 
天(そら)は赤い河のほとり (1) (少コミフラワーコミックス)

天(そら)は赤い河のほとり (1) (少コミフラワーコミックス)

 
学園アリス (1) (花とゆめCOMICS (2469))

学園アリス (1) (花とゆめCOMICS (2469))

 

 

  おもしろいよ。よんでください。あと、おすすめの漫画があったら教えてください。また。

広告を非表示にする

最近のこと/コーヒーに豆乳を投入(とうにゅーう!)します

 「Gudak」っていうカメラアプリにハマっています。現像(カメラロールに保存)されるまで3日待たないといけない。第一弾の写真たちがやっと上がってきた!まこちゃが、わたしのイヤホンで遊んでるやつとキャットグラスを食べてるところを邪魔しに行ったやつ(笑)

f:id:nhmg2:20171013150934j:image

f:id:nhmg2:20171013151103j:image

f:id:nhmg2:20171013151116j:image

f:id:nhmg2:20171013151000j:image

f:id:nhmg2:20171013151206j:image

f:id:nhmg2:20171013151221j:image

f:id:nhmg2:20171013151342j:image

f:id:nhmg2:20171013151359j:image

 ぜんぜん、思ったように撮れていなかったよ(笑)24枚ぜんぶ撮りきらないと現像できなくて、第二弾はまだ時間がかかりそう。季節もいい感じなので、外へ出かけるときに持っていきたい。

 

 あと、豆乳にもハマってる。コーヒーに豆乳を投入(とうにゅーう!)します。←って実際声に出しながら作ります(笑)豆乳たっぷりめに。ソイラテ。こういうやさしいものを飲んでいるとき、どうしようもなく世界と関わってしまっている感じがしませんか?それがめっちゃうれしい。思考がぐんぐん回るから、いろんなことをいっきにぶわあって考えた。

 どうすればいいんだろう、とかね。思って。うんっともう漠然とだけど、先のことを考えてしまって。もし、もっともっと病気とかね、してね、そうしたら、わたしどうすればいいんだろうって。ずっとずっと、わたしが、全部しなきゃだめなのかなぁしんどいなぁとか思ってるの、われながらひどいよね〜と思う。この間おみやげにドクロ?ガイコツ?の飾りが乗ったケーキ(ハロウィン仕様で売っていた)を買って行ったの、なかなかシャレが効いていると思いませんか?(めっちゃ最低笑)(たぶんほとんどの人意味わからないと思うんだけど)

 急展開すぎてほんっとに心臓とびでそうだったし、のぼり坂くだり坂に急カーブ、変な砂利道もあって、現実は歩くのにあまりやさしくないけれど、別にレースをしているわけじゃあないし、たまにベンチとかあって最高だし、ベンチ見つけたらすぐ座りに行くタイプ。そうして、まあゆっくり行けばいいか〜〜と、また立ち上がってゆきます。

 

 ふつうに生きているだけでも、こうやっていろいろあるし、楽しいことばかりではいられないのなら、だったら、「楽しかったこと」は、そのまま、楽しかったまんまで残しておきたいです。自分がその時感じていたことは逐一書いて残してあって、振り返ることができるけれど、あの瞬間と同じように気持ちを動かせって言われても、あの頃とわたしはちがうから、絶対に無理じゃないですか。だから、あの時あの場所であんっなにも楽しかった好きだったことって、めちゃくちゃすごくて特別で、ほんと、奇跡かよって思っています。壊そうとしたって別にいいけれど、(実際ちょっと決壊しかけたけど笑)それくらいで消せるような、そんな柔な思い出じゃあないです。ツイッターとか見てるのも、今日はハッピーなことあったかなぁ?とか、そういうことが知りたかったからで。意図的でもそうじゃなくても、誰かが悲しくなるようなことがあるなら、ハッピーで上書きしてやるからな〜〜!っていう、気合いがじゅうぶんです。今日のハッピーは、コロッケのお菓子(これも最近ハマっている)を2袋ゲットできたこと!です!ちょうおいしいのでおすすめ。

 

 過去と今と未来と、ずっと思ってきた、思ってゆく、ことがあってね。みんなみんな幸せになってほしい、です。毎日に、楽しいことがたくさんたくさん降り注いでほしい。変わっていないことなんて、これしかないけれど、これだけは揺るがず持っているよ。それぞれの時代のわたしの総意です。総意ラテ(笑)大事な大事な(だいずな)(大豆)、この先も変わらない、願いです。

~ Mi sueño ~ Mia 1st live

 10月1日。日よう日。六本木。晴れ、の日。

 六本木VARIT.で、~ Mi sueño ~ Mia 1st live。みあちゃの初めてのワンマンライブでした。タイトルの「Mi sueño」は、スペイン語で「わたしの夢」

 だいじなひとの夢の話をさせてくれ〜〜って話。

 

 はじまりの日は、絶対に見たいと思っていて、でも突然だったじゃないですか(笑)びっくりしたし、そんな、いきなり大丈夫かなぁって、思ってしまっていたけれど、少しね。でも、その身ひとつでステージに立つ姿は妙にたくましくって。ああこれは、忘れられない日になるなぁ、と思いました。白のシャツには花の刺繍を添えて、ひらひらなびく黒のミニスカート、首元と袖からはきらきらが覗く。とびきりにかっこよかったです。大切そうにギターを包み込むから、同じ分だけやさしい音が返ってくる。ていねいに歌ってきた日々を、ちゃんと思い出せる場所だった。

 今回歌ったほとんどの曲のこと、知らなかったんですけど、勉強不足(笑)素直に今いちばん歌いたい曲たちなんだな〜〜と感じた。歌詞とか。この日にみあちゃが歌いたいと思って選んだ、というだけでもうベストソングじゃないですか。拍手喝采。みあちゃがやりたいこと、みたいなのがちょっとだけわかった気がする。

 夏の夜。これ、ちょっとほんとうに好きだった。サマーキャンプも。これを聴いて、この夏に確かに意味があったねって思って。自分が過ごした季節のことを、自分で歌って、ちゃんと意味を持たせてあげる。誰だか知らない人の歌を歌っているわけじゃあ到底ないんですよ。どうしてそんなにやわらかく歌えるのって、それがあるからなんだよねえ。

 リクエスト曲の走れ!リクエストしていたのを見た時点で、わたしも歌ってほしい〜ってひそかに思っていたから、聴けてうれしかった。好きな曲を歌ってもらえるの、めちゃくちゃハッピーだし、今後もリクエストたくさんしていきましょ〜〜。

 「年上の男の子っ♪」替え歌してくれたの、天才かよ〜〜いちばん盛り上がったね。してやったりの表情。いつも、うひひって笑う、いたずらっ子ですよね。最初、ぜんぜんそんな風に見えなくて、大人しそうな子だなって、でもラジオで「ミアは生意気っ」とか言われていて、うそでしょ〜って、なにそれ好きじゃんって。どっちでも、もうずっと好きだったんですよ。これからもたくさんたくさん、陽の気持ちで驚かされていきたいね。

 涙そうそうもね、すてきでした。世界をぐんぐん揺らしながら歌う。この選曲はスケールおっきすぎない!?って思ったけれど、充分に歌い切ったね。かっこよかった。

 

 ここまで自由にやりたいことをやらせてもらえて、その分ちゃんと世界観作らないと、ふわっとさせちゃうのはもったいないし、大変だっただろうな〜と思って。でもねえ、やっぱり歌声がばつぐんに良いっていう強さが燦然とあるからね。生かしまくっていた。良かったからこそ、うまくいかなかったところもぴっぴって抜き出してしまえるし、最後のほうずっと早足で歌っていたのはすごく気持ちが乗っかってしまっていたなぁと思う。あとふつうに終わってほしくなさすぎてそんな早く歌わないで〜〜って思ってた(笑)それでもやっぱり楽しかったと思うのは、聞き分け良くいたいわけじゃあなくて、むしろこれからもっともっとたくさん見たいものがある、期待をもくもくさせているからかなぁ。これからどんどん曲選びも変わってくるんだろうな〜って思うし、うんとポジティブでハッピーな音も似合うよ、きっと。できなかったことができるようになっていく。みあちゃの周りには、ないものを否定するよりあるものを肯定してくれる人たちが大勢いるんだよね。そういう人たちといっしょに、今ここからまたみあちゃを応援できることがうれしすぎる!ほんっとにやばい大人だし迷惑でしょって思われる案件なんですけど、みあちゃの夢はわたしの夢だな〜〜と、思っています。今はこれがいちばんしっくりくる。

 この日もずう〜っとハート連打してた(笑)楽しいとか、楽しそうでうれしい、がんばれ、がんばったねとか、いっろいろな種類あるんですよ、わたしの中では。結局ぜんぶハートになってしまう結果の連打ね(笑)わたしでさえ、こんなにいっろいろあるんだから、みあちゃにはもっと、喜びとか前向きな気持ちがあって、それだけじゃあないこともあると思うんだけど。もしも悲しくなることがあるのなら、そんな時は、たくさんたくさん投げてきたハートのどれかひとつでも、手にとってみてくれたらいいなぁ、力になったらいいなぁ、と思います。時間をかけて、余さず伝えていけたらいいね。今日も歌ってくれてありがとう♡

 

f:id:nhmg2:20171004151533j:image

f:id:nhmg2:20171004151520j:image

f:id:nhmg2:20171004151557j:image

f:id:nhmg2:20171004151606j:image

f:id:nhmg2:20171004151616j:image

f:id:nhmg2:20171004151627j:image

f:id:nhmg2:20171004151653j:image

f:id:nhmg2:20171004151710j:image

f:id:nhmg2:20171004151731j:image

f:id:nhmg2:20171004151753j:image

Eres mi sueño♡♡♡

原因と結果とフライパンのラプソディー

 9月30日。土よう日。大阪。晴れ。

 横山晃士さんが出演されている舞台、劇団ユニットWOW!の「原因と結果とフライパンのラプソディー」を観てきました。

f:id:nhmg2:20171001031407j:image

 WOW!さん、初めて観たんですけど、みなさんパワーがものすごくって、ぐんぐん出てくるとびきりの表情に、もうそれだけでも見ていてめちゃくちゃおもしろかった〜〜です!!あと、決めポーズみたいなのがかわいい。わお!ってお顔の横に両手でお花広げるの。

 

 基本的に、フレンチレストランで、夫婦親子、それを取りまく人たち、の会話でお話が展開されていくんですけど、原因(なにがあったのか)と結果(そうしてどうなっているのか)を一場面ずつ入れ替えながら見ていくので、時系列がね、けっこう整理するのがむずかしかった。けれど、だからこそなのかな、いろんな思いが交差し合ってきたこと、一人一人の思いの至り方みたいなのがすっごくわかっておもしろかった。

 まず、夫婦ふたりだけのシーン。娘のリカコさんの結婚相手とその家族との食事会が始まるのを待っているの。離婚寸前だからわりと険悪な雰囲気。でもしりとりしながら会話していてかわいい(笑)ちゃんと考えて選んだ言葉を投げる、それに返事が返ってくる、って、すごいことだなぁと思う。旦那さん、そわそわしちゃって、じっと座っていられないの、すっごい父親っぽい。それもかわいい。ふつうだったら、ここが物語の始まりじゃあないですか。ずっとこれ以降のことを想像しながら見てた。でも、ここまでくるだけでもほんっとうにいろんなことがあって、想像しようともしていなかった、そもそもできなかったくらい、いっろいろ。奥さんが元彼と会っていたり、リカコさんが結婚相手を詐欺じゃないかと疑っていたり(ちがったよ)、奥さんの姉妹がめっちゃ好きなキャラだったり笑、やっと彼が来たと思ったらやばい人だったり(めっちゃ褒めてます笑)、彼のお父さんがその元彼だったり!?、リカコさん元彼の子供疑惑出たり(ちがったよ)、これ一日のできごとなの、何回考えてもびっくりする(笑)場面の切り替わりごとに、レストランのオーナーがジェームズ・アレンの言葉と共にストーリーテラー的に現れる。世にも奇妙な感じ(笑)そこからもだし、それぞれにストーリーがあるっていう感じがした〜そもそも人生ってそうだよね。秋の二時間スペシャルとかあるじゃあないですか。主人公ごとに物語があるやつ。人の人生の主人公に他の人はなれないから。それが重なったり交わったりしながら一日のできごととして成っていったの。説明が下手で伝わるかわからないんですけど(笑)

 リカコさんの婚約者のシンジさんとそれを演じた横山晃士さんがやばい!!っていう話をします。登場した瞬間、物語の風通しが変わったんですよ。ポジティブの窓全開、みたいな(鍵壊れてるから開いちゃったらたぶんもう閉まらない笑)「ヤマダシンジと申しますぅ〜よろしくお願いしますぅ〜」語尾を伸ばすしゃべり方に、頼りなさそうな立ち姿。年上の女性に好かれるのはわかるかも。横山さん、もう圧倒的にシンジさんで。これまでダンスをしているところしか見たことがなくって、こういうお芝居をしているところを見るのは初めてだったんですけど、ほんとにすごかった!!演技とかくわしくないから、何がすごいのって聞かれてももうとにかく見てくれって言うしかないんだけど笑、だってこんなにすごいんだよ!?って。そこに居るだけでおもしろいって、ハピネス要因すぎる。表情がめ〜っちゃ動くから、一挙一動見逃してなるものか〜って思って見てたら、自分の表情も同じくらい動いていてびっくりした。おそろいです。あと、声がすごく良い。好き。父親に結婚を反対されて、だだっ子みたいに地団駄踏むんですけど、声がぜんっぜん負けない!し、シンジさんを物語のなかでちゃんと生かしたいみたいな意気があってね。セリフ全部大切にしているのが伝わってきました。コミカルに前向きというか、楽しそうなところを楽しそうにやる人だな〜〜と毎回思っていて、今回もやっぱりそうでした。わたし、きっと、ダンスじゃなくても好きだと思えるだろうな〜っていう予感はあったんですけど、確信できたのが今回のこの舞台でよかったです。

 あとはねえ、たぶんそんなに関係ないと思うんですけど、お水のグラスがきらんきらんに光っていて、(実際にお水は入っていないんだけどおしゃれな柄があるおかげで!)、ほんとちゃんとお水のきらめきで。みんな、動揺したり気持ちを動かしたときにお水飲むじゃないですか。気持ちを全身へめぐらせていくみたいでね。飲む度にグラスの光が揺れるの。そうやって気持ちのゆらめきが目に見えるのが好きだった。なくなればすかさず店員さん(ギャルソンさんって言わなきゃ)が注ぎにくる。今ここでは、気持ちを動かしつづけることを止めてくれるなよって、言われるんですよ(言われてないけど言われる)この状況を抜け出したいなら、思いを動かしつづけて変化させていくしかないよ。これはわたしが勝手にそう思いたいっていう願望なんですけど(笑)見える動き見えない気持ち、自分で行間を読んでいくのが楽しかったし、いろんな思いを舞台へ向けていました。そうしたら会場全体がずっときらきらしてた。

 みんなA型だねって、「全員Aっ♪」気づいたら口ずさんでいる(笑)わたし、O型だから、えいえいおーじゃあないですか(?)気持ちを動かしつづけた先でもらえた、応援歌ですね。みんな笑っていて、なにこれええやん(エセ関西弁)って思って。ただのだじゃれなんですけど(笑)リカコさんが母親へ伝えたように「お母さんの未来は、お母さん自身が、決めるものなんやもん」自分の未来は、自分のだから、自分で決めていい。全員ええよって。みんなみんな、自分らしく、居てええよって。こんなにやさしいやさしい肯定をもらえてしまって、ほんとうは倍の倍くらいのものを差し出したいくらいだから、これじゃあぜんぜん足りないんですけど、お返しに、みんなみんな大好きですって、言いたいです。

 

 わお!って咲かせたお花、このすてきなすてきな笑顔がこの日の結果なのだな〜〜と。ハッピーな作品に触れることができました。今日という未来は、この瞬間から作られる。だったら、少しでも多くの喜びを感じつづけて、自分や大好きなひとたちの未来に、花を添えられる人でいたいなぁ、と思います。