ぴかぴか

Always believe in yourself.

きっと道標があっても

 ぴったり2年前にもこのタイトルでブログ書いてるじゃん〜っていう、それだけです(笑)

 

 1月。

f:id:nhmg2:20180218182051j:image

 鎌倉食べ歩き大会があったよ。準優勝(:大仏クレープが神々しくておなかがいっぱいになってしまい、目的のお店をいくつもすっ飛ばしてしまったため優勝は逃しました)でした。食べたものはぜんぶスーパーミラクルおいしかった!

 江ノ電に乗って、駅からずっと、明るい道を歩いたら出会える、大仏にめちゃくちゃ感動してしまった。待ってたよって、出迎えてくれるんですよ。格好良かったなぁ。見上げないと見れないものにすごく惹かれてしまうのかもしれない。天井の模様とか見るの好きだし。春になったら奈良の大仏も見に行きます。釜めし屋さんがあるんだよ〜!ならんでも食べたい!

 文房具屋さんのコトリにも行きました。小鳥のいる原稿用紙がかわいくて、「これ!これでマリリちゃんに手紙書きたい!!」って言いながら買った。小さいお店だったからちょっと迷惑(笑)こういう瞬間に思い出すのがマリリちゃんなんだなぁという気付きもちゃんと手に持って、次の日に見たライブはめちゃくちゃ楽しかったです。

 

 2月は、大阪へ行ったり雪かきをしたり本を読んだり、です。雪がひどくってあまり出かけられなかった。昨夜のカレー、明日のパン/木皿泉、バラカ/桐野夏生、スープ屋しずくの謎解き朝ごはん/友井羊、流れ星が消えないうちに/橋本紡、いなくなれ、群青/河野裕、読んだ順。今は短編集を読んでいる〜。マリリちゃんにおすすめしたい本を決めていたのに特典会で話すの忘れちゃったから、はやくまたライブ行きたい〜。雪がふっているうちは行けないかもしれないなぁ。あと、マリリちゃんの真似をして使ってみたルルルンのクリームがとても合っていて救世主すぎる。ちょうど乾燥に頭を悩ませていて。元々ルルルンのパックを使っていたから、両刀使い。マリハダをめざすぞ〜。なにか良いものがあったら教えてください、コスメ部のみなさん。

 

 今年入ってから見たやつ!ぜんぶ好きで好きで、何度も見ました。

 マウントアップ、やっぱりめ〜〜っっちゃ好きです。特別。動画上げてくれていたので見ました。

 ミアちゃんの太陽がぴっかーんって光って、ゆっくりゆっくり沈んでいくところが好きだし、えりかちゃんが「見つめたい」って手を動かすところも好きだし、はるかちゃんが歌ってくれた一語一句がぜんぶ好きです。いえい。この日、この場所にいて。3人で歌ったのはその一度きりだったから、聴けてうれしかったんです。それまで重ねてきたうれしかったことがぜんぶ一気にふりかかってきたような、それくらい、うれしかった。こういうふうにだいじにだいじに歌われるための曲だなぁって思いました。

 どういう気持ちで詞を書いたのか、とか、そういう当時のことはぜんぜん知らないんだけれど(その時のことを書いたわけではなくて、学生時代の悩んでいた気持ちを書いたってインタビューで言っていたような気がする)きっと「いちばん言いたかったこと」は最後に込められているんだよね?英語の詞が当てられているところ。それがめちゃくちゃ好きだなぁと思っていて。だって、どこまでも聴くひと寄りの解釈をのせられるじゃあないですか。みんな訳し方ちがうと思うし、どれが正解不正解って決めちゃうのは野暮なことでしょう。わたしは英語がぜんぜんできないから、辞書をひいて何回も聴いて、結局、超超都合のよい訳をつけちゃった。この曲に、何度すくいあげてもらったかわからないです。マウントアップがあるから、何があっても大丈夫。そう思ったらだいたいのことからは手を離せてしまったし、一生かかっても受け入れられないことなんてなかったなぁって、2年前との答え合わせができたのでした。

 

 話にまとまりがなさすぎる(笑)動画でも本でも旅行でも、気持ちの雪解けのタイミングを作ってくれるものがたくさんあったなぁという記録でした!みんなのおすすめも教えてください!では!また!

フィロのス × callme 東名阪ツアー「レッツ・スティック・トゥギャザー」大阪公演の話

 2月4日。日よう日。大阪。晴れ。

 フィロソフィーのダンス × callme 東名阪ツアー「レッツ・スティック・トゥギャザー」初日の大阪公演へ行ってきたよ。

 初めての梅田シャングリラ。格好の良い会場だったなぁ。天井のシャンデリアへ、うっかり手が伸びる。届かないけれど。どうしようもなく、きらきらしたものに惹かれてしまうこと。だから、ステージに立つみんなにも出会えたこと。ライブを見るたびに幸せに触れること。すごいでしょう〜〜良いでしょう〜〜って、自慢させてくれ〜〜という話をします。

 

 満員のフロアに、どっどっどっていう振動。フィロのスのライブがスタートする合図でした。ライク・ア・ゾンビ。始めのポーズからすでに、ぱきっとした気合いをめちゃくちゃ感じてしまって、あつあつの気持ちでもってステージを飾っていく、この4人にしか出せない色があることを知りました。おしゃれだったなぁ。

 コモンセンス・バスターズはやっぱり楽しい〜!この曲のあんぬちゃんのダンスがすごく好きだったなぁ。あとロジック・ジャンプも!止めながら跳ねる動きがめちゃくちゃかわいい。腕や脚のあつかい方が特別で、圧倒的に自分のものにしていて。ひとつひとつの所作を見届けると、その跡がきらきらに光るのでした。わくわくして、ずっと見ていられた。好き。

 ソバージュ・イマージュとドグマティック・ドラマティックを初めて見れました。思っていた倍の倍くらい、ちゃんとおそばを食べていてクスッとしてしまった。

 シャル・ウィ・スタート。きれいな曲だったなぁ、見た感じも聴き心地も。やわらかく光を浴びる指先、相手を迎え入れる仕草、女性らしい縦のダンス、ぜんぶだいすきです。マリリちゃんが歌った「ぜんぶが完璧にならなくたっていいんだよ」っていうパート。やさしくってあったかくって、思わず泣きそうになったんだよ。許しのひとでした。もうね、すぐ歌詞の行間へ自分のことを置いちゃうから、勝手に(笑)でも、それも許してくれるから、マリリちゃん。その愛でどれだけのものを包み込んできたんだろう。ふうわりほころびる表情と声。この言葉が、きっとこれからのわたしの生活のなかでも、おまじないみたいになっていくんだろうな〜と思いました。神さまがくれた言葉みたいだね。

 ダンス・ファウンダーからアイドル・フィロソフィーへ繋がったのかっこよかった〜!おとはすちゃんの歌がね、ほんっとうにかっこいいの。強度増しっ増し。世界を揺らしまくっていた。ぎゅうっと閉じた目。つよいのに、せつなくて、笑顔だけじゃない表情をつける瞬間があって。強度の理由はたぶんそれかなぁ。それが歌を立体的にしていて、今ここで、目の前にいるおとはすちゃん、が、歌っていてくれるんだなぁっていう喜びをもらえました。

 ハルちゃんの「慣れないし ならないから ずっと見ててね」が、だいっすき。ハルちゃんが歌うとき、期待のまなざしみたいなのは取っ払えないじゃあないですか、やっぱり。どうやって聴かせてくれるんだろうって、楽しみで楽しみで仕方なくて、勝手に期待値を上げちゃう。それでも、ハルちゃんは、そういう空気もぜんぶ、自分を輝かせるための力に還元しているんだなぁって。そういう気迫をまとっていました。かっっこよすぎる。期待をこえてくれるし、もっと、思いも寄らなかったところまで連れて行ってくれるひと。ハルちゃんが行くなら間違いないって、今度もまた信じさせてもらえました。

 

 次にcallme。動画とかは見ていたんだけれど、ライブを見るのは初めてでした。めっっちゃくちゃかっこよかった。照明でほんのり色付いた白い衣装。凛とした立ち姿。おおらかに動く可憐な手足。光を帯びる姿を目で追っていくだけでも楽しすぎました。

 曲も明るくて晴れ晴れとしていて幸福なものばっかりだったなぁ。One timeが好き。どんどん開けていくかんじが心地よくて、その音の波に身をまかせて聴いていました。

 

 コラボステージもたくさんやってくれました。ツーマンライブならでは!メンバー入れ替えてお互いの曲と全員で一曲!(マリリちゃん「高低差が、、きれいなお姉さんと、ちっちゃい子、、」笑)どれも息がぴったりで、作りたい空間、楽しい・楽しむの風向きや深度を合わせてきたのだろうなぁと思いました。守るものを増やしてきたひとってほんとうにかっこいい。

 「おなじ速度で走り出そう 君とここからスタート」「常識だけじゃつまんない 破っちゃってよ」「踏み出して step by step」「新しいダンスを踊らせてあげる」「大切なもの見つけたら 時間に流されてた この身体を解く」

 まぶしくってまだ見えない場所へ、新しい一歩を踏み出す瞬間がやってくること、を歌にのせてくれるグループだなぁと思っていて、どちらも。なんていうか、後押しともちょっとちがって、でも確かに、その瞬間を生きようと思える。これまで、いろんな場面でいろんな選択をしてきたんだけれど、そのどれも否定できっこないじゃあないですか。だから、今ここで、ここまで来れたことへの祝福をあげる。そうして、新しく迎えた今があることをあたたかく肯定してくれる歌。それがあるだけで、生きていける。何にでもなれるし、どこへでも行ける気がしてくるね。

 

 ライブ後は特典会で両グループ合同の囲みチェキへ参加しました。囲みチェキ初めてなのに、ビール片手にへらへらしながら輪のなかへ入っていったの、よくよく考えたらめちゃくちゃダメなひとでしょうっていう(笑)でもみんな、かんぱーいってしてくれて、やさしかった。好きです。ああもう人生が最高になってしまったよ〜。しあわせでした。

 やわらかく伸びる手、光を浴びる指先、やさしくほころびる表情も、ぜんぶぜんぶ最高だったよ。伸ビール浴ビールほころビールってことです(笑)ご褒美みたいな瞬間の連続でした。楽しかったなぁ。楽しかったライブのあとのビールは格別だってマリリちゃんも言ってた♡次の名古屋にも、東京にも仙台にも、みんなのライブを待ちわびるひとたちがたくさんたくさんいること。すごいなぁ。この勢いで、最後まで格別の一歩を踏み出しつづけていってほしいです。さいこうのツアー初日をありがとう。

奥津マリリちゃんのブログのすゝめ 〜マリリちゃんの年末年始がすき。編〜

 

 前回のすゝめから一か月くらいしかたっていないんだけれど(↓前回のはこれです)

それからも毎日更新してくれるので、たくさん好きが増えるし、あざやかに、好きなまんまの気持ちを残しておきたい!ので、すゝめその2を書きます〜。いえい。

 

 

 マリメシ(マリリちゃんの手料理)の話。マリリちゃんの文章って、なんだろうなぁ、背景を見せてくれるというか、空間を作ってくれるからすごい〜。キッチン越しにしゃべってもらっているみたい。「一緒に食べた気になってね」って言ってくれたように、その場にいっしょに居る気分になれるし、なんなら餃子も仲良くいっしょに包んだし(?)、バラの形かわいいけれど、下手っぴなやつはわたしが包んだってすぐバレそう(笑)

 たのしい文章を書くひとだなぁって、このページを読むと伝わってきます。わたしのところには、ぎゅーんって高速で伝わってきたからふしぎ。

 

 

 まさかの「すきじゃない」でも最後の写真がほわりと笑えて「すき」

 

 

 落ちでクスッとするよ。ひとまず読んでください。

 ページの縦へ向けた使い方がばつぐんだなぁと思います。その行間に、わくわく、期待をよせちゃうんだけれど、それと同じ分だけの幸福が返ってくる。だから心地よいんだよねえ。

 

 

 わたしも薬味好き〜〜!いえい!

ラーメンとかでもネギトッピングしがち
ネギとか薬味って、一口一口に絡んでくるし、全部の一口が美味しくなるのがすき。
わかる、?笑

 「全部の一口が美味しくなる」ってめっちゃ好き。ネギだけじゃあなくって、どんな場面でも、ハッピーを惜しまないひとだなぁと思っています。強制とかではなく、いっしょのほうが楽しくない!?って方向を定めてくれるから、ついていきたいと思えます。喜びの重ね着(ネギ)をしているみたいな気持ちになるよね。

 

 

 わたしのマリリちゃんのきっかけはライブを見て一目惚れした回だよ〜〜。あと、その日帰ってきて読んだブログがとても大きかった。「言われてみたかったこと」みたいなのが集約されていてびっくりしてしまいました。マリリちゃんが、マリリちゃんの文章を書くひとだったから、好きだなぁって感じたこと、忘れないと思いますョ。

 

 

 シンプルに顔がかわいいので写真全部保存しておいてください。かわいい!かわいいねえ!よっ!日本一!って、声に出してずっと褒めまくれる、応援上映みたいなのやってほしすぎる(名案)

 

 

 マリリちゃんの大晦日。

苦しかった辛かったことよりもまず先に楽しかったことがばばばーーっと出てくる1年で嬉しい!!
みんなのおかげだし、スタッフさんとかメンバーのお陰だし、まぁ、私もよく頑張った!

 2018年、マリリちゃんのおかげで花丸になりそう〜〜と思いました。

 

 

 からの!この楽しそうな雰囲気〜〜!2018年これこれ〜〜!感。

 マリリちゃんがハルちゃんの頭にぽんっと手を乗せている写真、愛情がひたひたですてきすぎる。ハルちゃんの、大切にされてきたひとの表情も。見返すたびに幸せになれるページだと思うから、貼っておきます。

 

 

 「マリリちゃんの年末年始がすき。編」でした。この冬、この季節、をくれたのはマリリちゃんだなって思っています。次はバレンタイン編かな〜〜(頻度)(笑)では!また!

 

誰もまだ知らない世界で踊れ

  1月14日。日よう日。代官山。晴れ。

 フィロソフィーのダンス定期公演『FUNKY BUT CHIC Vol.20』を見てきたよ。代官山駅からLOOPまでの道のり(マリリちゃんがツイッターに地図をのせてくれた!やさしい!)、久しぶりすぎて、楽しくてゆっくり歩きました。

 

 1部の話!二丁目の魁カミングアウトさんのライブを初めて見ました。これは好きになるやつだ〜ずるいな〜と、最初っからめちゃくちゃくすぐられてしまいました。楽しかった!!

 お名前を覚えきれていなかったんだけれど、気づいたらもう青色の方のダンスが好きで好きで、さらさら動く水色の衣装をずっと目で追っていました。きまるモッコリさん!(何度もお名前コールしていたけれど、なぜかずっと、にっこり〜!って聞こえていて、ああにこにこ笑顔を絶やさないからそういうあだ名なんだろうな〜〜そういうの好き〜〜って思ってた笑)ぺいちゃんさん終始ほんっとうに楽しそうに踊るし、白鳥さん光を吸収してきれいすぎたし、近くにいた赤色のサイリウム持っている方へのミキティーさんの目線がやさしくて最高だったし、みんなすてきなアイドルでした。

 どの曲もず〜っと衣装揺らしながらぐんぐん踊っていて、そういえば、フィロのスっぽい振りだなぁって思うところもたくさんありました。ダンス・ファウンダーのサビの振りのこと、ハッピーの展開って呼んでいる(勝手に)くらいすごい好きで、そういうのが多かった!空間の使い方がすごい。手ちかちかさせたり腕を横に大きく振ったり、ステージのうえの空白をなくしていって、楽しいの粒子でうめていくから、どこを見ても物語がありました。

 

 フィロのスは、ミキティーさん振り付けの曲をぎゅぎゅっとつめこんで。衣装が前のスポーティーでタイトなあれでした〜初めて見たんだけれど、あんぬちゃん!!!腹筋!!!話に聞いたり動画でしか見たことなかったから、きれいすぎて驚きました。華だったし、うつくしくいつづけることを約束してくれるひとなんだなぁと思いました。

 マリリちゃんって、一曲終わるごとに人変わってます??よね??(突然)しゅばばばばって見えない速さでステージ袖へ移動して入れ替わっているのでは!?って思って(笑)ちがうけど、それくらい、それぞれの曲に合わせた声の出し方だったりダンスで力を込めるポイント(表情とか指先とか、今!ここ!注目して見て!って思っているであろう部分がどこかわかる)だったりで色をつけていくのがすごいし、マリリちゃんの、魅せ方とか見せたいステージがだいすき。マリリちゃんへ向けたい「好き」はそのときのマリリちゃんだけがくれるものなのだな〜って、当たり前なんだけど、それがほんとうにうれしすぎるし見逃せないし、だから、今はそれがいちばん大事だしだれにも越えられないです。

 VIVA運命、かっっっこよすぎでした。しゃがんで移動して、ばん!って真ん中にハルちゃんが現れるところがあったと思うんですけど(曖昧)そのときのラスボス感(めちゃくちゃ褒めてます!)。そのあとのダンスもパワーがすごくって、めちゃくちゃ元気をもらってしまいました。もともと好きな曲だったけれど、さらにだいすきになった。ハルちゃんのダンスのことでいうと、アイムアフタータイムも好きだった!超高速で腕回すところと、間奏の、たたんだ上半身を起こすところ!かっこいい!

 ミスティック・ラバーとかオール・ウィー・ニード・イズ・ラブストーリーとか、初めてライブで見れてうれしかったです。曲が始まるたびに、今日来てよかった〜これ見るために来たんだぜったい〜と思うくらい。4人の歌声のバランスがばつぐんで、聴いていてめちゃくちゃ心地よいなぁと、改めて気づいてしまいました。「だから内緒で!」とか歌詞的には同じだけれど、甘辛というか、それぞれでちがう味わいがありました。うまい説明ができなさすぎるので、とにかく聴いてくれって言うしかない。あと、オールウィー〜でいっしょに歌ってくれますか〜って、4人の歌に混ぜてもらえたの、ハッピー空間すぎてびっくりしました。全編ほんとうに楽しかった。

 

 2部の話!もなりちゃんとてもかわいかったです。(マリリちゃん「やっぱりいくら考えてもかんわいいんだよな〜〜もなりちゃん」もなりちゃんがかわいいのかどうか50回くらい考えたけど、かわいいの結論にしか辿り着かなくて確信を持ったマリリちゃん笑)わたしも、もなりちゃんの歌が好きだなって思うし、やっぱりどの曲も自分のことを歌われているみたいでどきどきする。祈りの言葉で天を仰ぐ横顔、きれいなひとでした。

 そういえば、この前の大阪では失敗?していた笛にチャレンジしていたけれど、あんまり音出ていなくて、たぶんその状況に笑っちゃって音が揺れていたの、おちゃめすぎる(笑)ステージにこころをゆるしているんだなぁって思ったし、どこまでもらしさがすごくておもしろかったです。

 あと、どの曲だったか忘れちゃったんだけど、コール&レスポンスをうまくできたときに、両腕をめいっぱい上に伸ばしてバッチグーのサインで褒めてくれたの、うれしかった。もなりちゃん、いっつもそうだよね。気持ちをやさしく溶かしてくれる。やさしいのは、バンドの音も関係しているのかな。ずっと楽しかったです。

 

 フィロのスは、NPP2018でやったノンストップメドレーを再現してくれたよ。超超かっこよかったです。

 すききらいアンチノミーの「逆に!」でそれぞれ背中を向けてから向かい合わせになって笑顔をぐっと近づけるところ、好き。引きよせた!って感じがするし、背中をあずけられる存在がステージのうえに3人もいるって、めちゃくちゃ強いなぁと思いました。無敵の4人すぎる。

 バッド・パラダイム!マリリちゃんとおとはすちゃん、ハルちゃんとあんぬちゃんで歌うパートがすごく好き。あんぬちゃんに「ほら」って手を差し出してもらえるの、ときめきでしかないです。「今はすこし憧れられたい」フィロのスを見ているとき、こういうふうになれたらいいなぁっていう気持ちが大きい、これだなって確信。今のわたしのあこがれです。どんどん更新されていく姿、そこにいてくれることにはぜんぜん慣れなくて、毎回新しい気持ちで好きでいられます。楽しい。

 新曲のロジック・ジャンプ。ら〜らららっらっら〜って、すっごくかわいいメロディーから始まりました。おとはすちゃんが「切り取っちゃう〜」ってハサミ?で空を切っていく?ような振りをしていたり、あんぬちゃんが「だめっ」って手でバッテンを作ったりしていたのが印象に残っています。そういう絵文字みたいでかわいかった。

 

 初めての定期公演、楽しいのオンパレードでした。ここまで連れてきてくれてありがとう〜。書いて残しておきたいことがありすぎて、気づいたら3000字(笑)本当は全部の文末にハートマークをつけたいくらいだよ。帰ってきたばかりなのにはやくまたライブ行きたいよ〜と、ごろごろ転げ回っています。

 

 最後に、今回引いたランチェキがかわいすぎるので自慢させてくれ〜〜って話。ランチェキ文化のないところで育ってきたので、こんなに楽しいとは!!ってめっちゃ衝撃です(笑)かわいいからとにかく見てください。

f:id:nhmg2:20180115110618j:image

f:id:nhmg2:20180115110702j:image

キラキラしているのは加工ではなくマリリちゃんがそういう魔法みたいなのを使えるひとだからです!でも機密事項だよ!だから内緒で!すき!!では!また!

キミが待っている しあわせな気分さ

 楽しかったー!!!!!!ぜったいぜったい、あの場所が、宇宙で一番楽しい空間だった!!!!!!

 1月12日。金よう日。渋谷。晴れ。

 TSUTAYA O-WESTへ行ってきたよ。フィロソフィーのダンス 日向ハルちゃんの生誕祭でした。

 

f:id:nhmg2:20180112175604j:image

 

f:id:nhmg2:20180113003305j:image

 グッズかわいすぎて、これとこれとこれとーって知らないうちに両手に抱えていました。くつした(絵:おとはすちゃん)を手にしたときの心のざわめき、忘れません(笑)写真集もふっくふくのハルちゃんがたくさんいてくれるし、生写真も最後の一枚見て大笑いした。こうして、ハルちゃんからみんなへ、今日のしあわせを託してもらえているんだなぁって思って、開演前からすでにうれしくなってしまったのでした。

 

 前半はフィロのスパート。すききらいアンチノミーから。マリリちゃんが、ハルちゃんみたいに高い位置で三つ編みツインテールしていたのかわいかった!ダンスするたびにそれがぴょこぴょこ弾んでいて、マリリちゃんの祝福の気持ちが編み込まれているんだなぁって。ハッピーを惜しまないところ、すてき。

 VIVA運命たのしかった!!VIVAってなんか好きなんです、言葉に弾力がありませんか?運命に幸福のクッションが添えられたみたいな。伝わるかわからないけど(笑)とにかく好き!だし、みんなの気合いもすごかった。

 MCでおとはすちゃんが「平日なのにこんなにたくさんのゴリ、、!」って言い出したのめっちゃおもしろかったです。「こんなにたくさんの人間の方が集まってくれて〜」って言い直し(笑)がんばってゴリゴリしていかなきゃって背筋を正しました(笑)

 アイドル・フィロソフィーがやっぱり楽しかったです。高いステージだったから、足元までちゃんと見れたよ。最初のところ、振り向く瞬間に、えいやっ!ってひざ動かしているんですね!ステージに、一気にきらっきらのスパルコールを飾ったのかっこよすぎました。

 ジャスト・メモリーズ、めちゃくちゃかっこよかったです。洗練されまくった、かっこいいの代名詞みたいなステージでした。初めてライブでこの曲を見たから、まだこんなすごい秘技みたいなのを隠し持っていたの!?!?って感じでした(笑)フィロのス超つよい。4人とも、光へ手を伸ばしていくのがすっごく似合っていました。あと、ハルちゃんとあんぬちゃんが目を合わせたとき、やさしく笑い合っていたのが印象に残っています。こうして思い返して書いている今、わたしもきっと二人と同じ顔をしている(と良いな)これから先、目を閉じて思い出すハルちゃんが、この日の笑った顔のハルちゃんだということに、どれだけの気持ちが掬い上げられていくのかなぁ。未来で待っていてほしいひとだなぁと思いました。

 初めてフィロのスを聴いたのがジャスト・メモリーズだったんです。夏にCDをいただいて、それが出会い。そのときから、わたしの希望でした。あの日の自分が回収されたというか、ここまで好きのかけらを拾いあつめてきてよかったなぁって思いました。

 

 ほかのメンバーのハルちゃん談義がおもしろすぎでした。おとはすちゃんへごはん粒を飛ばしたり全裸で振りの練習をしていたり(笑)さんざんでした(笑)「暑いんだよ〜〜よくみんな服着ていられるね」って言うハルちゃん。アイドル脱ぎ着自由なのもハルちゃんがハルちゃんの一張羅なのも最高〜〜

 

 後半はバンドパート。

喝采/ちあきなおみ
接吻/ORIGINAL LOVE
ロマンスの神様広瀬香美
SHAKE/SMAP
いつか大人になって/日向ハル

 アイドルを取り戻していくハルちゃんかっこいい〜〜ぜんぶ今日のハルちゃんに必要な曲なんだな〜〜と思ったら、うれしすぎたし、大切に聴きました。ゴリゴリの〜?ゴリ〜!

 SHAKEめっっっちゃ楽しくて、楽しくて楽しっっくって、生きててよかったな〜〜って思った。大げさではなく!ハルちゃんが行くなら間違いないなって。時代をつくるひとってこういう人なんだ〜〜って思いました。好き!!っていう誓いを、あの場所に立ててきた。

  最後にベスト・フォーも!だれかのこころに響く歌を歌えるひとはすごい。

 

 お誕生日当日までもうすこし。ひとつ歳を重ねるんだけれど(あんぬちゃん「年齢の概念ないから!」笑)、そりゃあいきなり大人びるわけではないよなぁ、と。変わらず、おちゃめでキュートで、格好よくて。でも変わっていくことを受け入れていく度量が確かにあるのだなぁとも思いました。その笑顔に、心のひろがりを感じずにはいられませんでした。どこまでも愛されることをあきらめないひと。そんなのもう、無敵すぎる。こんな明るい日向へ連れ出してくれて、こんな気持ちを連れてきてくれて、感謝しかないです。同じ分だけお返しするにはまだまだぜんぜん足りないんだけれど、これからもゆっくり応援していきます。

 最後に。ハッピーバースデーガール、日向ハルちゃん!今日もあなたの歌がだいすきです。

フィロソフィーのダンスとどこまでも行ける切符

 

  1月7日。日よう日。大阪。晴れ。

 エクストロメ『2018年新春大阪スペシャル!!!』を見に、梅田クラブクアトロへ行ってきたよ。ライブ一か月ぶりで、楽しみすぎたから、大阪へ行く前ずっとスキップで移動してました(笑)

 

 すききらいアンチノミーから始まってね、この曲のイントロすごく好きなんですよ。サビの振り付けも好き。いっしょに踊ったら楽しすぎて指先がぴかぴかに光ったりしました。最後、たったったったったらららん(あいまい笑)の合図で真ん中にぎゅっっとなって、ピースサインで終わるのもかわいい。最初っから最後まで、惜しみなく好きでいられる曲でした。

 マリリちゃんが「どっちがどっちなのっ!」って語尾を跳ねさせて歌っていたのも特別感がひたひたで、勝手にうれしくなってしまった。ほんっとうに、見ていてたのしいひとだなぁと思っていて、マリリちゃん。ほかの曲でもそうだったんですけど、笑うっていう表情ひとつ取ってみても、め〜っちゃたくさん種類があるんです。つぎの瞬間にはもう、知らない顔をしているなんて、わくわくしておもしろくってたまらなかったです。毎秒忘れたくないひと。たとえば同じステージの同じマリリちゃんを見ている人が何人いたとしても、それぞれにとって初めて触れる表情があるんじゃあないかなぁ、たぶん。注意深く生きていないと見逃してしまうような小さな喜びのかけらを、あまさず受け入れてきたのだろうな〜〜、だからあんなにもいろんな表情を知っているのだろうな〜〜と思いました。やっぱりすっごく好きだな〜〜。好きになれてうれしい。

 

 振り付けのことで言うと、アイドル・フィロソフィーの最初の手叩くところも好きだった!それぞれのページをめくっていくみたいに、こちらへ振り向くの、超かっこいい。おとはすちゃんとあんぬちゃんがそれぞれ上手側と下手側から真ん中に向かってくる、そのときの凛とした姿勢もきれいでかっこよくて、空気がそこで一気に開けるかんじがする。ワンフレーズごとに、自然と目で追ってしまう人を作っているのがすごいと思っていて、わたしが勝手にそう思いたいだけなのかもしれないんだけど(笑)視線をやわらかく誘い出してくれる立ち位置だったり移動だったりが多くてすごく好き。4人って、決して多くはないのに、なにそれ初めて知った!!そんなのできるんだ!!っていうフォーメーションがたくさんあって、いろんな曲を見ていくたびに感動する。

 「同じ服 同じ言葉 となりを見てチェック」「慣れないし ならないから ずっと見ててね」マリリちゃんとハルちゃんのこのパートも大好き。ハルちゃんみたいに、ゆるぎなく、ステージに身をまかせて歌うひと、初めて出会いました。すべての力を世界へ還元してゆく姿。いままで見てきたなかでいちばんかっこいいアイドルだし、ハルちゃんのおかげでアイドルのことをさらに好きになりました。

 

 ライク・ア・ゾンビを初めて見れたのもうれしかった。ゾンビダンス?も人生で初めてでした(笑)コモンセンスバスターズとかダンス・ファウンダーとかもそうだけれど、びっくりするような振り付けがたくさんある。ふつうに生きていたらそんなに脚ひらくことそうそうめったにないよねっていう(笑)大きな振りが多い印象だけど、すっごく見やすいのは、最高のところで待ち合わせようっていう4人の心意気があるからなんだよね。好き。これからも、明るくびっくりさせてくれるなら、フィロソフィーのダンスがいい。

 

 今回も、めっちゃくちゃたのしかった。楽しいなぁ、楽しい!、あの場所で絶え間なく感じ続けた楽しさを、ひとつずつつなぎ合わせて作ったリボンみたいなのを持っているんです。それをね、好きをつめこんだ箱にきゅっと結んでもらえたようなかんじ。伝わるかな(笑)こんな、プレゼントみたいな気持ちを、これからももらいつづけるんだろうと思えることも、もしかしたら、そんな気持ちがみんなのこころのなかにもあるのかもしれないなぁって思うことも、ほんとにほんとに幸せ。今回は2部だけ行ったから、見れた曲には限りがあるんだけれど、ここでは歌わなかったあの曲にだってきっと思いがあるんじゃない!?って思えてしまって。だから、またライブへ行くのが楽しみでしかたがないんだよ。つぎはどの曲を聴けるのかな〜〜。つぎのライブのチケットが、どこまでも好きなところへ行ける切符みたいだよ。スキップってことです(笑)

 自分の好きを、自分の好きなまんまで、書いて残しておけてよかった。あと!マリリちゃんが前に書いたブログのこと覚えていてくれてうれしかった。これからもずうっと書かせてもらえますように。また。